excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
初めまして。TBSテレビ..
by 吉行 at 17:58
kasekibunot..
by beachcomberjp at 22:03
うわあ、、、 つっこみ..
by kasekibunotiti at 18:31
ありがとうございます!
by のら at 20:15
そうなんですね!宮崎にも..
by mmerian at 21:40
mmerianさん、ごめ..
by のら at 21:36
のらさんのコレクション、..
by mmerian at 21:31
応援ありがとございます。..
by のら at 19:27
のらさん、  北海道で..
by beachcomberjp at 19:11
ありがとうございます。会..
by のら at 09:22
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


海からの贈りもの

 アン・モロー・リンドバーグをご存知だろうか?一昔前の表現なら、リンドバーグ婦人だね。
 大西洋横断で知られるチャールズ・リンドバーグの夫人で、自身も飛行士で、夫婦で操縦桿を握り、戦前の日本を訪れたこともある。
 エッセイストとして知られたアン・モロー・リンドバーグの著作の中で、海からの贈りものは良く知られた作品。
e0045113_18111641.jpg

 こないだ近所の古本屋で、1991年発行のランダムハウス版を100円均一棚から救出してきた。
 この作品は、これまでに、名訳として名高い1967年の吉田建一訳、そして1994年の落合恵子訳が出ている。
 各章は、いくつかの貝の名前がタイトルとして使われている。吉田訳では、Chnnelled Whelkを「ほら貝」、落合訳では「にし貝」としてあるが、どちらも微妙な訳となる。
 Oyster Bed は、吉田訳では「牡蠣」、落合訳では「牡蠣のベッド」となっている。これは本来の「カキ礁」にならないもんかね?
 そしてオレの大好きな、Argonauta(Paper Nautilus)は、吉田訳では「たこぶね」だが、落合訳ではなんとか「あおい貝」となった。
e0045113_18321288.jpg

 上に示したアオイガイのイラストは、1991年発行のランダムハウス版の章とびらにあったもの。素人っぽい描写で、アン・モロー・リンドバーグさんが描いたものと思いたいが、確証は無い。(笑)

 この本の内容は、海洋生物に関わるものではなく、男女の関係を経年とともに変化していくものとして、それをさまざまな貝に例えたエッセイ。まだ読まれたことの無い方は、ぜひ読んでいただきたい。
[PR]
by crazylovers | 2011-06-11 21:44 | books | Comments(4)
Commented by のら at 2011-06-12 21:42 x
吉田健一訳のハードカバーはこんな表示だったのですね。
私は落合恵子訳の立風書房を持っていましたが、アオイガイの写真の表紙の吉田健一訳の新潮文庫も欲しくて、買いましたよ。
特に女性にお勧め。若い時に読んだのとは、また違った感じ方をしましたね。
Commented by beachcomberjp at 2011-06-13 09:11
のらさん、
 ごめんなさい。書き方が悪かったですね。
 上の写真は、ランダムハウス1991年発行のペーパーバックです。
 貝の本ではありませんが、リンドバーグさん、きっと貝についてもよくご存知なのでしょうね。
Commented by のら at 2011-06-13 12:26 x
あ、これは私の勘違い、早とちり!ちゃんと読めばわかります。
Commented by beachcomberjp at 2011-06-13 21:10
のらさん、
 洋書!って、入れておけば良かったですね。
<< 麦秋・・・の次は、麦初冬? 捨てられない封筒 >>