excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
初めまして。TBSテレビ..
by 吉行 at 17:58
kasekibunot..
by beachcomberjp at 22:03
うわあ、、、 つっこみ..
by kasekibunotiti at 18:31
ありがとうございます!
by のら at 20:15
そうなんですね!宮崎にも..
by mmerian at 21:40
mmerianさん、ごめ..
by のら at 21:36
のらさんのコレクション、..
by mmerian at 21:31
応援ありがとございます。..
by のら at 19:27
のらさん、  北海道で..
by beachcomberjp at 19:11
ありがとうございます。会..
by のら at 09:22
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


No Book No Life

 このブログのタイトルは、No Music No LifeをもじったNo Photo No Life。
 衣食住が足りて、次に来るのがこのシリーズ。
 欲張りなわたしは、Music,Photo,それにNo Book No Life, No Nature No Life, No Bike No Life・・・と続いてくる。

 最近各地にブックオフなる100円古本屋があるが、どこに行っても同じような品揃え。ときどき100円コーナーに安いモノはあっても、他では手に入らないモノや珍しいモノはまずない。あればついつい入ってしまうのだが、パチンコ屋同様に、暇つぶしの域を出ない。

 さて、昔からの古本屋は、そんな店に押されたり・・・と、最近元気の無い店が多く、売り上げの多くをネット通販が占めているという。
 そんな昔からの老舗古本屋で今日は嬉しい出会いがあった。たぶん今年一番の出物だろう。

 ニック・アダムズ物語・・・と聞いて、ピーンと来たあなた、なかなかの米文学通ですねぇ。
 これはヘミングウェイが書いた様々な短編集に収められている中で、彼の自伝的要素が高いと言われる「ニック・アダムズ」を主人公にした短編を、ニックの成長の過程にそって並べたもの。

 1972年にアメリカで発行され、翌年は日本でも三笠書房からニック・アダムズ物語として出版された。

 世の中でヘミングウェイがどのような評価をされているのかは知らないが、わたしは優れたネーチャーライティングの作家だと思う。
 このジャンルでは、ティンカークリーク・・・を書いたアニー・ディラードなんかの評価が高いが、個人的にはヘミングウェイのほうがずっと好ましい。
 「大きな二つの心臓の川」など、何度もワクワクしながら読み返したものだ。

 そんな大好きなニック・アダムズ物語が、古本屋の棚に並んでいたのだ。
e0045113_19143794.jpg
 うわぁ~!!手にとったら声が出ちゃったよ。だってダストジャケットはピカピカ!!本もタイト!!たぶん買っただけで読まれることの無かったThe Nick Adams Story 1972年初版本!!!
e0045113_19171467.jpg
 ダストジャケットを外せば、ハードカバーの表紙はブルークロスに作家名が金箔押し!!
e0045113_19192745.jpg
 表紙の三色刷り木版画もステキだが、扉の版画も何ともいえない味わい。
 早速入手し、喜び勇んで家に戻り、コーヒーをすすりながら、Big Two Hearted Riverを読み始めた。彼の文章はシンプルで味わい深く、この中にある蕎麦粉のパンケーキを焼くシーンなど、焚き火の匂い、それに油がしみ込んだ蕎麦粉のパンケーキが焦げる匂いまで漂ってきそうなんだよね。

e0045113_19293919.jpg
 もう一つ、これは濡れ場なのだけど、とっても押さえた表現ながら、あのときの感じを的確に男の側から描いているモノ。興味があればお読みください。

 この本で嬉しかったのは、老眼のわたしでも眼鏡無しで読めるポイントの大きさ。それに何とこの美本が1000円だったのですよぉ~!!!
[PR]
by crazylovers | 2008-11-25 17:40 | books | Comments(2)
Commented by のら at 2008-11-27 08:58 x
美しい本ですね。

私は衣食住が足りると次に来るのは、No nature 、No bookでしょうか。
先日ラジオで「文庫本が嫌い。あの軽さが許せない。」と言っていた人がいました。
以前は安い文庫本が多かったのですが、文字が小さいこともあって、今なら私は単行本を選びます。
それにこんな本に出会う喜びも文庫本にはありませんからね。
ちょっと気になるので読んでみようかな。もちろん原書、ではなく翻訳で。
Commented by beachcomberjp at 2008-11-27 17:46
のらさん、
 ニック・アダムズ物語・・・古い本なのでよほど大きな図書館でもない限り書庫には無いと思います。
 ニック関係の短編・心が二つある大きな川は、新潮社の文庫短編集1(最近では高見訳)に入っていますのでそっちをどうぞ。昔の大久保訳もいいですよ。
<< When the golden... 郡上の交通事情 >>