「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
風情がありますね。腐りや..
by 春 at 19:03
とかげさん、  はい、..
by beachcomberjp at 17:51
&oh さん、  は..
by beachcomberjp at 17:49
とかげさん、  やっぱ..
by beachcomberjp at 17:49
三重県の二見浦の夫婦岩の..
by &oh at 10:27
あ!ハスラーだ!!
by しまとかげ at 22:28
石柱がかっこいい!! ..
by しまとかげ at 22:27
みかさん、  どちらも..
by beachcomberjp at 15:05
中学の通学鞄が肩掛けタイ..
by みか at 08:27
kasekibunot..
by beachcomberjp at 15:53
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


カテゴリ:Museum( 52 )

恐竜化石研究所

 名古屋市科学館の特別展・恐竜化石研究所に行ってきました。
e0045113_2152583.jpg


 こうした恐竜展、最近はドサまわりが多いのですが、今回は科学館の企画展だったようです。
 恐竜展ともなれば、レプリカ骨格などが、これでもか!ってほどに並ぶ事になるわけですが、数はそう多くなく、イイ感じでした。
e0045113_21551942.jpg


 海の連中(恐竜ではありません)もいました。
e0045113_21583146.jpg


 頭骨もありました。でも、それだけではなく、運ばれてきた木箱も横においてあったのが嬉しかったね。
e0045113_21593187.jpg


 よくある、タッチできる骨!それが立ててあるのもイイ感じ!みんな触っていました。
e0045113_2233042.jpg


 今回の特別展、The Dinosaurs & Fossils とつけられたタイトル通り、様々な化石の展示があり面白かった!足跡化石は有名なユウブロンテス!
e0045113_2271532.jpg


 三葉虫の這いあと化石の巨大なスラブとか・・・普通の人はあまり興味ないかな?
e0045113_2294325.jpg


 メノウで置換した球果の化石もありました。
e0045113_22111992.jpg


 現生の木の枝が意外に短時間で珪化木になるのかを実験したサンプルも面白かった!
e0045113_22133564.jpg


 キレイなアンモもありました。
e0045113_22142270.jpg


 この特別展、6月12日まで名古屋市科学館でやっています。興味のある方はぜひどうぞ。





.
[PR]
by crazylovers | 2016-04-04 22:15 | Museum | Comments(0)

セメント恐竜@東山

 東山動物園には、オレが子供の頃からセメントの恐竜がありました。今でもありますが、セメントが剥離するとかで近づけません。これは柵ごしに撮ったイグアノドン!
e0045113_2135548.jpg


 子供の頃、ここに来るのが動物園に行く一番の目的でした。首を伸ばしたブロントサウルス、そしてゴジラのようなイグアノドン、池の中に半身浸かっているトリケラトプス・・・これらが作られたのは昭和13年、今年で77歳のイグアノドンの内部はこのようになっているようです。(笑)

 そして完成当時の絵葉書に寄れば、こんな感じだったそうです。
e0045113_21435356.jpg


 内部調査も入り、これから修復がされ、足元から見上げる日が来るのでしょうかね?
[PR]
by crazylovers | 2015-11-12 21:45 | Museum | Comments(2)

東山動植物園

 今日は仕事場のフィールドトリップで、名古屋市にある東山動植物園に行ってきました。心配していた雨も上がり、水銀柱はグングン上昇!はっきり言って暑い!と昼間は思えるほどでした。紅葉は始まったばかりですが、青空に映えていました。
e0045113_18203642.jpg


 植物園のマルバノキ(ベニマンサク)は赤みが増していました。この地方特有の植物ですね。
e0045113_18212964.jpg


 写真集まで出たと言うイケメン・ゴリラにはすごい人だかりができていましたが、そんなに人の関心を集めない動物でもステキなやつがいました。シマウマって色は白黒ですが、イメージはとてもビビッドですね。まるで歌舞伎俳優ですもん。
e0045113_18242358.jpg


 ペンギンは嘴をアシで掻いているのが、可愛かった!(笑) 
e0045113_18262113.jpg


 さて、この生物が何だか分かりますかね?
e0045113_18273366.jpg


 アヒルが泳いでいるときの水中写真ですよ。(笑)(笑)

 さて、こんなに暑くなければ喰う気にならなかったもの・・・それは
e0045113_18292841.jpg


 ベリー三昧のジェラートでした。
 いつもこの時季、襟を立てながら昼の弁当を喰うことが多いのですが、今日はジャケットを脱ぎ、ジェラートを喰うことのできる良いお天気に恵まれました。そして、最後のフィールドトリップが終了しました。
[PR]
by crazylovers | 2015-11-10 18:32 | Museum | Comments(4)

横井庄一さんに会ってきた!

 オレくらいの世代の方なら、グアム島で1972年に発見された日本兵としての横井庄一さんのお名前をきっとご存知のはず。横井さんは名古屋に戻られ、1997年に82歳で亡くなられるまで名古屋で暮らされました。オレは一度だけ名古屋でお見かけしたことがありましたが、それがどこであったかも思い出せません。(笑)」

 そんな横井さんと久しぶりにお会いした場所は名古屋市博物館!
e0045113_2084255.jpg


 現在、名古屋市博物館では、グアム島で横井さんが作り、使われていた身の回りのモノを展示中です。
 こうしたジャケットやパンツも、パゴというハイビスカスの仲間の樹皮を晒して繊維にして、それを織って作られたと言うから驚きです。これが図録です。
e0045113_20114221.jpg


 残念ながら、撮影禁止でしたのでディテールを写真で紹介できませんが、会場で描いてきたメモから雰囲気が掴めるでしょうか?
e0045113_2013246.jpg


 お次は長袖のスーツ。パンツの裾には「こはぜ」が付けられ、絞れるようになっていました。
e0045113_20152250.jpg


 この特別展では、横井庄一さんが作られたモノだけではなく、ガラス製の戸車やら、陶磁器製の帽子掛けなど、当時の代用日用品も多く展示されていました。そんな中で気になったのが昭和中学の学徒報国隊員・近藤さんのシャツ。
e0045113_20185129.jpg


 戦時中の物資不足で、カーキ色の汚れたシャツを、何度も繕った補修痕の目立つシャツがすごく気になりました。戦争は、戦場に赴く兵士だけではなく、銃後を守っていたほとんどの人々にも、これほど重くのしかかっていたと言うのが、この一枚のシャツから見て取れます。

 お時間があれば、名古屋市博物館で開催中の特別展、ぜひご覧ください。名古屋市営地下鉄・桜山駅から徒歩10分ほどです。

 戦後70年、様々なモノが各地で展示されたのでしょうが、このボロいシャツも同様に重みのある展示物でした。
[PR]
by crazylovers | 2015-11-03 09:59 | Museum | Comments(4)

ふ~!

 やっと青空が出ましたね。
 8月後半から梅雨のような天気が続き、台風に大雨、それでも週末は海通いしていましたが、イロイロ忙しくくたぶれたので、今週は休憩!

 そんなわけでバイクに乗って、美術館と丸善に行ってきました。
e0045113_1631711.jpg


 ラース・ヨンソンの画集を一冊買い求め、愛知県美術館で「芸術植物園」を見てきました。印葉図など一部は興味深いものもありましたが、そんなもんでしょう。オレはそれより収蔵コレクションにあったOtto Dixにビックリ!

 Otto Dixの描いた第一次大戦を描いたエッチング類に足が停まりました。

 なんでもOtto Dixは従軍していたそうで、表現はリアリズムではないのですが、描いているのはリアルな戦争の現実!モノクロのダークトーンな凹版画と相まって、訴えてくるパワーは、半端なもんではないです。

 ただ残念なことに、「芸術植物園」に人出はあっても、こっちはガラ空き!オレがいた30分ほどの間に展示室に来たのは、オレと監視のおばさんくらい!

 「芸術植物園」これからみる機会あれば、絶対にOtto Dixもどうぞ!好き嫌いは別にして、これは見ておくべきだな。オススメです。
[PR]
by crazylovers | 2015-09-12 16:11 | Museum | Comments(2)

山間のダイナソーミュージアム

 和泉村ってご存知?古くから貝皿、下山といったアンモナイトの産地がある村で、今では市町村合併で大野市に編入されました。そして越美北線の終着駅である九頭竜湖駅もあります。九頭竜湖駅を発着する電車は何と一日に5本!タイミング悪いと、3時間以上待たされますね。
e0045113_17104426.jpg


 そしてこの駅から徒歩3分ほどのところにダイナソーミュージアムがあります。入館料大人200円!まぁ、内容にふさわしい値段だと思いますよ。
e0045113_17115530.jpg


 館内はこんな感じになっています。オレが滞在した30分ほどの間、他には誰も来ませんでした。
e0045113_1714327.jpg


 目玉は村内で発掘されたティラノサウルス類の歯や、恐竜の部分化石などなど!
e0045113_1716658.jpg


 福井の小島先生が林谷で発見した鳥脚類の足跡(あぁ、懐かしい・・・これは昔、オレやTさんも一緒に調査で歩いていていたときのやつです)。
e0045113_1718401.jpg


 アンモの産地だけあって、イロイロあります!骨の一部分より初心者にはこっちのほうがずっとインパクトありそうですね。
e0045113_17202459.jpg


 さて、8月後半の日曜日に訪ねたとき、職員は1名見えました。200円払ったら、チケットを渡してくれて、スイッチを、オン、オン、オン・・・徐々に展示室が明るくなり、グィ~ンと言う音とともに空調も動き出しました。
 福井には二つのダイナソーミュージアムがありますが、こちらは入館者数など全く気にもしてないのです。(笑)もちろん、内容的にはいまいち・・・と言う部分がいくつかありますが、様々な展示があり、問題にするほどのものではありません。
 一番驚いたのは帰りがけ、職員に「見終わったので電気を消してくださいよ」と、声をかけたところ、返ってきたのは「時間があれば、お茶でも飲んでいきませんか?」と言うお誘いでした。まだ行くところがあったので、誘いはお断りしましたが、こんなダイナソーミュージアムもありますので、人混みに疲れたときにはぜひいかが??(笑)
[PR]
by crazylovers | 2015-08-25 17:05 | Museum | Comments(0)

特別展「地球の結晶(はな)」

 今日は発掘途中の一時帰宅、またスグ山にもどります。
 前半は富山の山中にいました。発掘は富山市科学博物館が行っていますが、博物館では特別展「地球の結晶(はな) 〜北川隆司鉱物コレクション〜」が開催されています。
 
 これは広島大学の教授だった北川隆司先生の鉱物コレクション+αの展示!各地を巡回するようで、そのレイアウトや+αに、学芸員の工夫が見られるところです。
e0045113_9818100.jpg

 この特別展の担当は女性の学芸員だったこともあり、美しい鉱物は虹色のグラデーションに並べたりと工夫が見られますね。

e0045113_91082.jpg

 巡回標本だけではなく、地元の宝石屋さんの協力も得て、カットされたモノの展示も興味深かったですね。

e0045113_9114132.jpg

 鉱物をモチーフにしたポストカードや雑貨と言ったコレクションの展示もありました。

e0045113_9152569.jpg

 オレが一番気に入ったのはこの「呼んで楽しむ」コーナー! 床から一段上がって座ることもでき、そこには絵本や図鑑を中心とした鉱物や石の本が並んでいます。オレも休憩がてら上がりこみ読ませてもらいました。知らなかった絵本もあり、本に載っていた鉱物がないかと展示品を探したりと・・・このコーナーは、ただ順に巡るだけではなく、特別展をじっくり楽しませる効果がありますね。

 この夏、富山方面に出かける機会があれば、ぜひ富山市科学博物館へどうぞ!!
[PR]
by crazylovers | 2015-08-09 09:21 | Museum | Comments(2)

ワタノハ二日目!

 昨日、見られなかった午後のワークショップが見たくて、今日もノリタケの森参りです。(笑)
e0045113_18112623.jpg


 今日も出迎えてくれたのはワタノハスマイルのディスプレイ!
e0045113_1812342.jpg


 会場にはちょっと早目に着いたので、ともさんとお話しながら、漂着物を並べるお手伝い・・・かなりキレイに洗われていたので感心しました。ダンボールの底に細かな砂がほとんどありませんでしたから。
e0045113_18151163.jpg


 時間になり、はじまり、はじまり。震災のボランティアで行かれた東北のパネルを見せながら、話されるともさんのお話に、みんなが惹きつけられます。
e0045113_18174576.jpg


 お話が終われば、漂着物選び!手が伸びる、手が伸びる・・・じっくり悩む子もいるね。
e0045113_181934100.jpg


 グルーガンを手にしたら、もうみんな真剣!夢中で声も聞こえません。
e0045113_18203010.jpg


 出来上がった作品、やっぱり子どもの作品が楽しいね。邪念が無いと言うか・・・やっぱかないません。
e0045113_1822340.jpg


 印象に残ったのは、いつも子どものそばにいて、寄り添い、手伝っていたともさん。
e0045113_18225990.jpg


 また、名古屋に来てくださいね。 そして、どこかの海でお会いしましょう!
[PR]
by crazylovers | 2015-02-16 07:07 | Museum | Comments(0)

ワタノハスマイル

 みなさん、ワタノハスマイルって、知ってますか?
 オレはこないだまで知りませんでした。
 何でも、東北大震災の津波による漂着物を使い、宮城県石巻市渡波地区の子どもたちが作り出したオブジェなんです。その展示会が名古屋であると、漂着物学会のFBで知り、早速行ってきました。
 開かれていたのは、名古屋駅から15分ほどのノリタケの森ギャラリーです。
e0045113_18231717.jpg

 外にもかわいい展示がしてあり、寒い日でしたが、コレを見ただけでもうワクワク!(笑)
e0045113_1825473.jpg

 ギャラリーの入り口も、こんなのがお出迎えしてくれました。
 そして階段を上がれば、そこが会場です。
e0045113_1923177.jpg

 会場では幸運にもワタノハスマイルの仕掛け人・犬飼ともさんにお会いすることができました。子どもたちの作品を見ていたら、声をかけてくださり、作品作りへの思いなど、いろいろ聞かせてもらいました。
e0045113_19261011.jpg

 ほんの少しですが、子どもたちの作品も紹介しましょう。
e0045113_1937260.jpg

 カッコよく作ろうとか、キレイに作ろうとか・・・そんなコト大人はつい頭の片隅にあるのですが、子どもたちってそんな気負いが全くない!
e0045113_19395749.jpg

 もう、これは最高傑作じゃないかな?フェルトペンで横に一本線を引き、下に「けしゴム」ですもん。参りました。
e0045113_19473089.jpg

 大人のオレが見ても、ワクワクしっぱなしなんで、子どもたちが見たらきっとテンション上がるよね。
 残念ながら、この展示は明日(2月15日)までなんです。もしお時間があれば、ぜひぜひ見てきて欲しいです。明日は午後二ワークショップもあるようです。
e0045113_19502996.jpg

 行きたいけれど、遠くて行かれない・・・って方は、作品集がありますので、ぜひそっちで見てください。もちろん、ワタノハスマイルのウェブページでも、ご覧になれます!
[PR]
by crazylovers | 2015-02-14 19:53 | Museum | Comments(0)

フィールド・トリップ

 フィールド・トリップで名古屋港水族館に行ってきました。リニューアル完成は12月末・・・そんなわけで、一部ブルーシートがかかっていたのが残念!でも、それなりに楽しめましたよ。大物のシャチなんかよりも、実はイワシが好き!(笑)
e0045113_23204733.jpg


 オウムガイ・・・・動きませんでした。 生きてるのだろうがね。(笑)
e0045113_23213993.jpg


 チョウチンアンコウは標本でした。もちろん、動くわけありません。(笑)(笑)
e0045113_23254232.jpg


 なぜか人気の グソクムシ類!暗闇の中にいましたので、あえてストロボたきませんでした。こいつも動きませんね。
e0045113_23244923.jpg


 逆にカメラを向けるとスグ動いてくれた困ったヤツ、トビハゼくん。(笑)
e0045113_23265257.jpg


 アクリル水槽の中にいたシャコ貝・・・こんなの見ると、触りたくなりませんか?子供の頃に読んだ、南海探検ものにはシャコ貝に足を挟まれる話が出てきましたよね。(笑)
e0045113_23291111.jpg


 やはりマンボウは人気者・・・多くの人だかりができていました。
e0045113_23302017.jpg

 あまりに人が多いので何かと思えば、餌付けの時間でした。それが終われば静かな水槽に・・・(笑)
 ゆっくり写真を撮れましたよ。

 秋の一日、雨にたたられずに出かけられて何よりでした。
[PR]
by crazylovers | 2014-11-12 23:32 | Museum | Comments(8)