「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
ろっかくさん、  気象..
by beachcomberjp at 21:03
可愛い飛行機ですね❗今年..
by ろっかく at 20:20
春さん、  神社の軒下..
by beachcomberjp at 15:55
風情がありますね。腐りや..
by 春 at 19:03
とかげさん、  はい、..
by beachcomberjp at 17:51
&oh さん、  は..
by beachcomberjp at 17:49
とかげさん、  やっぱ..
by beachcomberjp at 17:49
三重県の二見浦の夫婦岩の..
by &oh at 10:27
あ!ハスラーだ!!
by しまとかげ at 22:28
石柱がかっこいい!! ..
by しまとかげ at 22:27
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


カテゴリ:とり( 23 )

コハクチョウの降りる場所

 ビーチコーミングに出かけるとき、高速を途中下車して道草をすることがあります。
 それは滋賀県のステキな場所を通るため。(笑)

 滋賀県には「うみ」があります。塩っぱくない「うみ」は琵琶湖で、このあたりには野鳥が多いのです。
 この日も、道草をしていたら、上空をコハクチョウの群れが・・・
e0045113_21171862.jpg


 コハクチョウの群れはたしか家族群ですね。
e0045113_21184719.jpg


 舞い降りたのは田んぼ・・・昼間はこのあたりで餌をとったり、のんびりしているのでしょうね。
e0045113_21202056.jpg


 コハクチョウの迷惑にならぬよう、舞い降りたのを確認し、すぐさまここをあとにしました。

 滋賀県の湖北地方、野鳥が多くて好きな場所です。






[PR]
by crazylovers | 2016-12-28 21:22 | とり | Comments(2)

渡りの季節 ・ ノビタキ

 今年は暑くて雨の多い9月でしたが、やっと冷え込んだと思えば、明日はまた暑くなりそう。寒暖の差や、湿度や気圧の高低さによって体調を崩しがちな季節ですね。
 そして今は渡りの季節、庭でもシジュウカラが来るようになり、こないだは久しぶりにコゲラの扉を開ける「声」も聞けました。そして浜辺でも・・・ノビタキの渡りシーズン!
e0045113_23304194.jpg

 
 若狭湾の浜辺にいたノビタキは、まだ頭の黒が残った派手目なヤツでしたよ。きっとこの先、ベトナムなどの東南アジアに向かうのでしょうね。




[PR]
by crazylovers | 2016-10-17 23:35 | とり | Comments(0)

なぜか港に!(笑)

 機能は梅雨の中休みと言うことだったので出かけましたが、暑い!日差しが痛い!UV対策そろそろ真面目にやらんとね。そんな感じで伊良湖岬まで!
e0045113_13235287.jpg


 そして昼飯はいつもの大漁やさんで・・・コショウダイの煮付けなどなど!
e0045113_1325624.jpg


 暑かったのでビーチコーミングは軽く済ませ、立ち寄った赤羽根の道の駅!野菜など買い求めたあと港を見れば浮かんでるよ!野菜など炎天下にほったらかしてカメラ取って来ました。(笑)
e0045113_13272293.jpg


 こんな港で、岸壁からすぐの所にウミスズメがいるなんて!じっとしていたけど、調子が悪かったのかな?通りがかる舟に気をつけてよ。






[PR]
by crazylovers | 2016-06-19 13:29 | とり | Comments(2)

モヒカン@湖北

 滋賀県の湖北エリアは、福井に通う道すがら、時折高速乗らずに寄り道する場所です。
 琵琶湖の最北部、人気の無い場所も多く、昭和の原風景がいまだに見られる場所でもあります。そして、湖面に目をやれば・・・ステキなモヒカンがいました。巷で見かけるソフトモヒカンなんかじゃなく、まさにモヒカン!
e0045113_048383.jpg


 おいおい、何処で刈ったんだ?と、聞きたくなるステキなモヒカン、両サイドは赤いメッシュも入ってる!(笑)

e0045113_0501751.jpg


 はい、これは夏羽に移行してきたカンムリカイツブリでした。この時期、もうカンムリカイツブリはかなり夏羽になっていますが、ハジロカイツブリはまだ無彩色の感じです。




.
[PR]
by crazylovers | 2016-03-19 00:53 | とり | Comments(4)

ちょっと一服

e0045113_1636271.jpg
 つい今しがた、書斎の窓の風景を横切る黄色に目が留まりました。慌てて外に出てみたら、トウカエデの小枝にキビタキ♂。
 秋の渡り途中に寄ってくれたのでしょう。
 カメラを取りに戻ろうかとも思いましたが、カメラを持てば追い回すのは必至なので、肉眼で見ただけにしときました。
 うちのお庭で虫でも喰って、長旅の栄養にでもしてくれたらね。
[PR]
by crazylovers | 2015-10-11 16:36 | とり | Comments(4)

鷹見の見物!

 オレがいつもビーチコーミングで歩いている渥美半島、その先端部の伊良湖岬は、秋のタカの渡りのポイントとして古くから知られています。

 こないだの休日、伊良湖岬の浜を歩くついでにビューホテルから連なる骨山の稜線上を見ていたら、数羽のグループになったサシバが西へと、はるか上空を渡っていきました。

 以前と比べれば、鷹見客は減りました。一時多かった若い学生さんらのグループは皆無で、まさにシニア天国!
 オレもその一人に入りますが(笑)(笑)
e0045113_20553682.jpg


 でっかい超望遠レンズが空に向けて並んでいます。いくら超望遠レンズとはいえ、遠い鷹を大きく撮るなんてできるわけも無く、遠い鷹が米粒以下に写るだけ・・・なんて言うのは、オレの僻みでしょうね。(笑)

 そして、お元気なシニアは、こんな超望遠レンズに重い三脚をつけ、あちこちお散歩中!
e0045113_20543924.jpg


 これもまた、うらやましい限り!このセット、重さは8キロ下らないでしょう。これを担いで移動できるのは元気な証拠!BCで使ってる一眼レフが重くてフ~フ~言っているオレの体力はへぼいもんですわ。(笑)

 体力にも、財力にも余裕のあるシニアの方々を眺めただけの、鷹見の見物!でした。
[PR]
by crazylovers | 2015-10-08 21:08 | とり | Comments(2)

バーディング@湖北

 若狭の浜へビーチコーミングに行く際、湖北付近は高速道路で通過するだけでしたが、それだけじゃ詰まんないと、木ノ本で降りて道草するようになりました。
e0045113_21341527.jpg

 だって、琵琶湖には水鳥がプカプカ浮いてますからね。それもイッパイ!!(笑)
e0045113_2135379.jpg

 オオバン、黒い体に白い嘴が目立ちます。昔に比べ激増って感じですね。

e0045113_2137627.jpg

 冬から、この時季にかけてはいくらでも見えますね。

e0045113_21382069.jpg

 キンクロハジロも良く見かけます。

 ただ、バーディングをしていると、なかなか本来の目的地でビーチコーミングを始める時間が遅くなり、若狭に着いたら昼飯を喰って・・・そんな時間になっちゃいます。
e0045113_21411715.jpg

 そんな時間になるもんで、ついつい鰻屋さんへ向かうことが多くなるのでした。(笑)(笑)
 
 そしてビーチコーミングは食後の散歩ですね。(笑)
[PR]
by crazylovers | 2015-04-06 21:42 | とり | Comments(6)

あ、オレのこと呼んだ?

 寒くなって家で引き籠りの日には、やってくる鳥が楽しませてくれます。

 ちなみに今日、窓から見た鳥は、ヒヨドリ、スズメ、メジロ、カワラヒワ、ウグイス、それにこのキジバトでした。
e0045113_16593931.jpg


 ずっと背中を向けていましたが、名前を呼んだら振り向いたのでコンデジでパチリ!(笑)
 なかなかフォトジェニックなヤツでした。
[PR]
by crazylovers | 2014-12-14 17:01 | とり | Comments(2)

蓮川の水鳥

 先日、海浜センターへお邪魔した帰り道、鳥浜の蓮川近くを通ったら、水鳥がイッパイ浮かんでいました。
 鴨やオオバンなどはイッパイいましたが、久しぶりに見てうれしかったのは、この子たちです。
 
 目が合うと、すぐ潜ってしまい、そのときは必ずとんでもない方向の遠い場所にしか出てこないのがカンムリカイツブリ!(笑)この子はふだん海や琵琶湖で見るのですが、川で見たのは久しぶり!(笑)
e0045113_22201273.jpg


 もう一人はヨシガモくん!
e0045113_2221154.jpg

 この写真では、特徴的なナポレオン帽子が真っ黒なのですが、光の条件によっては緑から紫っぽい金属光沢に輝くメッチャおしゃれな鴨なんですよ。いつものコンデジで窓越しに撮り流したのですが、Nikkor-ED600持ち出せば、かなりよいのが撮れるかも・・・(笑) きっと面倒なので持ち出さないけどね。(笑)(笑)
[PR]
by crazylovers | 2014-12-02 19:15 | とり | Comments(4)

かけす

 みなさん、カケスって知ってますよね。そう、カラスの仲間のカケス!
 カケスは山にすむ鳥ですが、秋や冬には低いところに移動することもあり、漂鳥とも言われています。
 秋の富士見高原で、森から森へふわふわ渡っていくカケスを見ました。
e0045113_0291751.jpg


 オレの好きな、尾崎喜八さんの詩に「かけす」があります。これは尾崎さんが戦後の数年を富士見で過ごされ、そのときに書かれたものです。 本来、縦書きなのですが、ブログゆえ、横書きでお許しください。



  かけす 
                      尾崎喜八

  山国の空のあんな高いところを

  二羽三羽 五羽六羽と

  かけすの鳥のとんで行くのがじつに秋だ

  あんなに半ば透きとおり

  ときどきはちらちら光り

  空気の波をおもたくわけて

  もう二度と帰って来ない者のように

  かけすという仮の名も

  人間との地上の契りの夢だったと

  今はなつかしく 柔らかく

  おりおりはたぶん低く啼きながら

  ほのぼのと 暗み 明るみ

  見る見るうちに小さくなり

  深まる秋のあおくつめたい空の海に

  もうほとんど消えてゆく……

 
 この「かけす」は、自註・富士見高原詩集にも収められています。この装丁は串田孫一さんによるもの。
e0045113_2152035.jpg

 
 そして、尾崎喜八さんの署名入り・・・
e0045113_21524689.jpg

 こんなコトに喜ぶのは、オレくらいのものだろうが、やはりオレの宝物である。
[PR]
by crazylovers | 2014-11-06 07:26 | とり | Comments(2)