「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
風情がありますね。腐りや..
by 春 at 19:03
とかげさん、  はい、..
by beachcomberjp at 17:51
&oh さん、  は..
by beachcomberjp at 17:49
とかげさん、  やっぱ..
by beachcomberjp at 17:49
三重県の二見浦の夫婦岩の..
by &oh at 10:27
あ!ハスラーだ!!
by しまとかげ at 22:28
石柱がかっこいい!! ..
by しまとかげ at 22:27
みかさん、  どちらも..
by beachcomberjp at 15:05
中学の通学鞄が肩掛けタイ..
by みか at 08:27
kasekibunot..
by beachcomberjp at 15:53
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


カテゴリ:Dino-Dig Archives( 11 )

Dinosaur Tracks

 先日、頼んでいた本が届きました。箱はやけに大きく重い・・・こんな大きな本だっけ?

 同名のDinosaur Tracksは、1990年にT・ソルボーンが著した恐竜足跡学の教科書でした。ちょうどそのころ福井で最初の足跡を見つけ、研究にはまりこんでいたオレは、勉強にとそれを自分なりに邦訳してました。(笑)

 それから27年、届いた最新の足跡論文集がこれ!
e0045113_2263068.jpg


 サイズはA4版で、400p超え、それに重い!やけに重いよ!
e0045113_227504.jpg


 何とフルカラー!コート紙で400pなら重いよ!計れば1971g!
e0045113_2212676.jpg


 たしかにグラフも分かりやすい!
e0045113_2213333.jpg


 まだ、パラパラと目を通しただけが、フォトグラメトリーを使った等高線解析からの足跡形態記録や、最新の知見、研究がイッパイです。

 ただこうした論文集に日本人研究者の名前が無いのは残念だな・・・もちろん、引用文献はありますが、1990年ごろの足跡研究ルネッサンスはどこに行ったのかしら???





[PR]
by crazylovers | 2016-09-11 22:18 | Dino-Dig Archives | Comments(4)

恐竜の墓参り!

 お盆で名古屋に戻っていますので、お墓の掃除やらお参りやら済ませ、こんどは恐竜の墓参りに行ってきました。
 「恐竜の墓参り」 何じゃそれ???と思われるかもしれませんが、発掘現場は墓荒らし・・・墓参りは博物館見学です。
e0045113_11391967.jpg
 福井のスタッフにチケットを頂き、出かけた先は関にある岐阜県博物館!森の中にある博物館なのでポスターが立ち木に縛り付けてあります。(笑)
e0045113_11404570.jpg
 今回の展示は恐竜の脳科学と言う、これまでに無かった切り口です。これはこの春に岐阜から福井へ替わられたKさんの研究分野。CTや3Dプリンターなど今のモノを駆使した展示で、巨大な骨格や動刻模型を多用する展示とは一線を画した内容です。これまでにも岐阜県博では恐竜関連の展示をいくつか見ていますが、最も良い展示内容といえるでしょう。
e0045113_11463820.jpg
上のカラフルな模型はユーオプロケファルスの透明模型で、脳内部の位置を部位によって塗り分けたもの。回転台に乗っていますので観察が楽ちんです。
e0045113_11522763.jpg
 現生の動物(写真はミヤマガラス)の透明標本もあり、恐竜が進化した鳥との比較もできます。
e0045113_11540609.jpg
e0045113_11543098.jpg
 そして脳だけではなく、三重県で産出したトバリュウや、岐阜県の恐竜、今年の2月に論文発表されたフクイベナトールなど手取層群の化石も展示されており、興味のある方には是非見ていただきたい展示です。

 なお、8月 20日(土)PM 1:30PM 3:00には、Kさんによる博物館学芸講座「恐竜の脳科学 ~脳から探る恐竜の進化~」の講演がありますので、お時間のある方はぜひどうぞ。









[PR]
by crazylovers | 2016-08-15 12:04 | Dino-Dig Archives | Comments(0)

発掘点描・ロッジ前今昔

 この夏も行われた勝山の恐竜、9月に終わりました。
 勝山のロッジに学生さんたちは宿泊しており、現場までは博物館職員の運転するワゴン車などで向かいます。ですから、朝の8時半ごろになると学生さんたちはロッジ前に集まり、車の到着を待つことになります。
 こちらは1990年の様子、もう25年も前のことですね。
e0045113_21131336.jpg


 そして月日は流れ、2015年の様子!雰囲気はそう変わりません。オレはかなり歳をとりましたが、学生さんらはやはり20前後・・・毎年新しい人が補給されてきますから。(笑)
e0045113_21142432.jpg


 大きな変化はこれ!ほとんどのみなさんが手許を見てますよね。
e0045113_21164664.jpg


 そう、毎朝恒例のメールやラインチェック!!
 学生さんらの新しい朝の日課が加わりましたが、オレには何の変化もありません。(笑)(笑)
[PR]
by crazylovers | 2015-10-04 21:18 | Dino-Dig Archives | Comments(6)

文明の利器・3Dスキャナー!

 みなさん、3Dスキャナー!ってご存知?
 
 これはかなり前からあった製品でしたが、その進化がスゴい!!以前のモノは、キホン室内向けで、徐々に野外対応していったのですが、明るい昼間では難しく精度が出ないし、基準点のマーキングが必要でした。
 ところが、今年の現場で見たスキャナーには、目を見張りましたよ。

 まずは小さくハンディーになり、こんな崖の斜面でも楽々作業できます。
e0045113_21322589.jpg


 ちょっと直射日光を遮ってやればOK!それだけではなく、基準点のマーキング不要なんです!
e0045113_21311713.jpg


 そして、宿に戻ってパソをちょこっといじってやれば、データが画像に!何と言う速さ!
e0045113_21353561.jpg


 驚くべきは、もうスグに使える状態の画像がディスプレイに!
e0045113_21364737.jpg


 何ともまぁ、便利な時代になりました。これなら以前の4倍量のデータが同じ時間で取れますね。足跡化石の調査にはこうした文明の利器を使うことで、定量的な足跡画像データ追加が期待できそうですね。
[PR]
by crazylovers | 2015-09-16 21:40 | Dino-Dig Archives | Comments(0)

勝山の恐竜発掘

 福井県勝山市で行われていた恐竜発掘も残り1週間となってしまいました。
 前半は暑い日々が続いていましたが、8月後半はかなり雨にたたられていたことでしょう。

 現場に入る手前、杉山川右岸から見た発掘現場全景です。今年も昨年に引き続き、右側の崖下を掘り下げました。2013年の発掘に比べて、重機の位置が下がっていますね。
e0045113_23203281.jpg


 さて、去年対岸の丘の上にフィールド・ミュージアムができ、発掘中も対岸から多くのお客さんが見に来られるようになりました。現場から対岸を望むと、こんな感じになります。
e0045113_23264920.jpg


 シーズンの夏休み中、フィールド・ミュージアムを訪れるお客さんは多く、なかなか大変だったようです。でも今年はかなり良い岩が運び込まれ、恐竜の歯や骨を見つけられたお客さんも多かったと聞きました。
e0045113_2331151.jpg


 予約をしてフィールド・ミュージアムに来られる方が多く、当然雨の日もあるわけです。
e0045113_2333437.jpg


 発掘のほうは雷でも来れば中止ですが、ちょっとの雨なら続行しています。あまり暑い日よりも、小雨のほうが歓迎なんです・・・(笑)。
 さて、この観察場所からは、ハンマー隊が頑張っている様子が間近で見られます。
e0045113_23382819.jpg


 そう、当然その逆もあるわけで、ハンマー隊からもお客さんがよく見えます。
e0045113_2340935.jpg


 もう夏休みも終わり・・・そうなればお客さんも減ってきます。そして発掘も残り僅か!まだ残っている皆さん、もう一息頑張ってくださいね~!!
[PR]
by crazylovers | 2015-08-31 07:17 | Dino-Dig Archives | Comments(6)

駅前恐竜!

 発掘にはいってるのですが、なかなか繁華街へ出る機会が無く、やっと街中を通る機会があったので、見てきました。駅の壁に描かれた背景画は,山本画伯の作品だそうです。これはフクイラプトルでしょうね。
e0045113_126564.jpg


 そしてフクイリュウ!後ろのフクイチタンに襲われているみたい!(笑)
e0045113_128836.jpg


 大きなフクイチタン!やけに皺々なのが気になりますが・・・(笑)
e0045113_1294642.jpg


 夏休み中ということもあってか、近くにはテントが建てられ、仮設の恐竜案内所までありましたよ。
 何でも、この駅前恐竜は今年イッパイとか・・・なんだかイロイロ訳ありのようですが、せっかく作ったのに勿体無い!

 福井県、かなり恐竜を観光の目玉にしているようで、こうしたモニュメント設置、スポット広告などなどもあり、この夏に公開されたジュラシックワールドの上映前にも宣伝があったとか!
 そうした効果もあってか、恐竜博物館の入場者数は異常に増え続けています。お盆の時季などは毎日が一万人を軽くオーバーしていたとか。もうそうなると館内の混雑に限らず、周辺の交通渋滞やらとんでもないことになっています。たしか勝山の人口って25000ほどだったので、その半分以上があのポイントに訪れる!恐竜が人気高いのは嬉しい反面、そんな混みあった博物館を訪れた人がどんな印象をもたれるのでしょうか?じっくり見れば半日、イや一日でも楽しめる博物館なのですが、あまりの人の多さに「もう行きたくない!」と思われる人が多いのでは?混雑の印象だけ持って帰られる人が多いような気がしてなりません。

 福井県の宣伝効果は効いていると思いますが、お盆やGW時季の観客数に対する対応は不十分でしょう。もう、こうなれば混み合うだけの化け物屋敷にもなりかねません。入館者数も大事でしょうが、それ以前に博物館としてのあり方が問われているような気がします。
[PR]
by crazylovers | 2015-08-25 12:30 | Dino-Dig Archives | Comments(2)

福井県勝山市北谷 1990年・3

 福井県勝山市北谷は、白亜紀のトリゴニオイデスの産地として知られてきました。けれども、ここからワニやカメが発見され、爬虫類化石産地としても知られるようになり、恐竜発掘が行われるようになりました。下の写真は、恐竜発掘以前からあった現場近くの林道脇に立てられていた看板です。近いとは言え、ここから急斜面を100mほど谷底に降りたところが産地なので、そうたやすく行けるばしょではありませんでした。
e0045113_01281.jpg


 それがもっと下にある林道から調査道路が伸びたのでアクセスはグッと楽になりました。そのどん詰まりが発掘現場でした。
e0045113_055866.jpg


 ちょっと蒸し暑くても、こんな曇りの日は調査がはかどりました。
e0045113_071425.jpg


 名物オペレーターの前川さんは、そんなに大きな人でもないのですが、ジャックハマーの使い手で、割って欲しい石を頼めば、すぐに小割りにしてくれました。 写真右の黄色いヘルメットが前川さん。
e0045113_0121318.jpg


 24年も前なので、みんな若いわけですが、当時小学館の編集者だったYさん、こんなに細かったんですね。
e0045113_0165881.jpg


 虫の多かった現場では蚊取りヘルメットが流行しました。創始者はオレなんですが、漫画家のHさんにも真似されちゃいました。
e0045113_0201895.jpg


 この夏の発掘の様子は、当時中部地方で放映されていたNHKの「東海北陸」と言う30分の紀行番組でも取り上げられました。ビデオテープは頂きましたが、もうハードがありませんね。(笑)(笑)
[PR]
by crazylovers | 2014-07-05 18:00 | Dino-Dig Archives | Comments(4)

福井県勝山市北谷 1990年・2

 調査地は杉山川左岸の北谷、暑くなれば入って涼んだり、水をくみ上げて放水したり・・・川が近いのは何かと便利でした。
e0045113_2101324.jpg
 上の写真は杉山川から見上げた発掘現場です。

e0045113_2143579.jpg
 上の写真は土木工事現場さながらの発掘現場です。工事にあたった業者は、大北久保建設、前川(まえがわ)さん、前澤さんという名物オペレーターがこの現場担当で、いろいろ教えてもらいました。(笑)

e0045113_21251313.jpg
 上の写真は午前中の発掘風景です。 昼前までは崖よりが日陰になるために涼しく、ハンマーを振う皆は競って崖よりの涼しい場所を確保していました。

e0045113_2194355.jpg
 でも、午後になれば3K+灼熱地獄が始まります。それでも、みんな諦めずに掘り出された岩を小割りして化石を探したのでした。

e0045113_21111898.jpg
 西の山に日が落ちれば撤収です。上の写真で左に見えるテントが本部で、隣に簡易トイレがありました。調査道路はできたものの、道路は舗装も無く凸凹。そんなわけで4WD車で来ていた連中で、荷物や学生さんらを雁ヶ原ロッジまで運んでいました。たしかOさんのパジェロ、Tさんのビッグホーン、それにオレの赤いテラノが活躍していた時代でした。
[PR]
by crazylovers | 2014-07-03 19:19 | Dino-Dig Archives | Comments(0)

福井県勝山市北谷 1990年・1

e0045113_20464396.jpg
 上の写真は1989年11月に撮影したのと同じ場所から撮影したもの。川下側が大きく削り取られた。

 福井県勝山市北谷恐竜発掘現場 1990年8月18日
 福井県立博物館恐竜化石調査団による組織的な発掘は福井県恐竜化石調査事業として行われた。
 1990年には恐竜化石包含層が平面的に調査できるように、約600㎥の岩石を取り除き、120㎡の恐竜化石包含層が平面調査できるようになった。

e0045113_20284077.jpg
 上の写真は川下側から削り取った崖面を正面に撮影したもの。青いユンボの下にある面が恐竜化石包含層である。

e0045113_20332444.jpg
 上の写真は発掘現場を崖の上から俯瞰したもの。上部には杉山川が流れ、右側が上流となる。恐竜化石包含層は右端の人物がいる辺りで、中央より左は調査道路となる。また林道から調査地までの約750mの調査道路もつけられた。

e0045113_2038476.jpg
 上の写真は崖の中腹から調査地を見たところ。西に向いた崖下の作業は、昼前あたりから日が沈むまで岩の照り返しもあり灼熱地獄であった。またこのころは対岸の湿地が残っており(現在はフィールド博物館の下)、そこがアブやオロロの発生源となり、虫地獄でもあった。(笑)こうした場所での発掘は調査員や学生ボランティアらによって支えられていました。





 
[PR]
by crazylovers | 2014-07-01 20:47 | Dino-Dig Archives | Comments(6)

福井県大野郡和泉村 1990年

 1990年4月29日、友人のKさん、それに化石好きな教え子のHくんと連れ立って、福井県立博物館を訪れました。その目的は、前年あたりから本格的に北陸で恐竜化石が見つかり、それらをまとめた日本の恐竜化石が見られるということで出かけたわけです。
e0045113_19185693.jpg

 この特別展「恐竜時代・日本と中国」は、福井の後で名古屋でも巡回展で来ることが分かっていましたが、待ちきれなくて出かけたわけです。
 子供の頃から恐竜が好きだったオレは、子供の頃教科書代わりに読んでいた化石図鑑や地学の本で、「日本で恐竜が見つかる可能性は低い!」とあったのをずっと読んでいたので、これだけ多くの恐竜化石が見られたことに驚き、とても興奮して展示物を見ていました。

 この日は残念ながら雨降りでした。でも、興奮冷めやらぬ私たちは、鳥の足跡化石が出た福井県和泉村後野を見ようということになり、雨の中を和泉村へ!和泉村後野の露頭は、長年のカンですぐに分かりましたが、川が増水していて、渡れそうにありません。こんなところでズブ濡れもイヤなので、後野は諦めて伊月の大露頭を見ることにしました。
e0045113_18143231.jpg

 幸運にも伊月に到着したころから雨が上がってきました。まだ草も生えそろわない時季なので、崖からの転石もよく見え、テトリシジミや小さな巻貝、などの化石を拾い上げ、帰ろうかと思ったら、ドキッ! 

 先ほど展示室で見たような足跡が転石の表面に見えていました。その足跡は凹型で、雨水が足跡に溜まって分かりやすくなっていました。
e0045113_18154048.jpg

 これはきっと恐竜の足跡だ!と3人で盛り上がり、3人で動かせば運べる・・・とかイロイロ考えましたが、博物館に連絡するのが一番!と、転石の表面に枯れ草などをのせてカモフラージュし、その上にヤクルトの空瓶をのせ目印にしました。そして村内の公衆電話から博物館に連絡を入れたところ、「近いうちに調査する」と言うことでした。 とりあえず、自分たちでは恐竜の足跡を見つけた!と大喜びで3人は九頭竜湖の脇を走って家路につきました。

 でも、驚いたことはその夜おきました!特別展の期間中でもあり、そのうち連絡が来るだろうと、タカをくくっていたのですが、その夜に東さんからの電話!「おめでとうございます、恐竜の足跡に間違いありません。特別展で展示させてもらえますか?」ということで、「ハイハイ」と言っていたら、スグに手配が進み、5月2日には記者発表とのこと。
e0045113_18315150.jpg

 年休をとって、友人のKさんと一緒に出かけ、福井県立博物館で記者発表となりました。そしてこの福井県で最初に公表された足跡化石として、発見から5日目の5月3日から一般公開となったのです。
e0045113_19194850.jpg


 こうした話題性で、GW後半の特別展来場者数アップに貢献したのは、間違いありません。
 この後、福井でも各地で足跡化石が発見されるようになりました。

 そして、東さんに請われて福井県恐竜化石調査団の一員になったのです。






 
[PR]
by crazylovers | 2014-06-27 18:33 | Dino-Dig Archives | Comments(8)