「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
風情がありますね。腐りや..
by 春 at 19:03
とかげさん、  はい、..
by beachcomberjp at 17:51
&oh さん、  は..
by beachcomberjp at 17:49
とかげさん、  やっぱ..
by beachcomberjp at 17:49
三重県の二見浦の夫婦岩の..
by &oh at 10:27
あ!ハスラーだ!!
by しまとかげ at 22:28
石柱がかっこいい!! ..
by しまとかげ at 22:27
みかさん、  どちらも..
by beachcomberjp at 15:05
中学の通学鞄が肩掛けタイ..
by みか at 08:27
kasekibunot..
by beachcomberjp at 15:53
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


カテゴリ:ちょこっと古いモノ( 78 )

レトロなお出かけ!

 先日、ビーチコーミングの講師として呼ばれて向かった先は知多半島の蒲池海岸!ふだんならバイクで行くところだが、なぜか鈍行列車に乗りたくて名鉄電車に乗った。セントレアまではいつも特急のミュースカイを使うのだが、今回は新舞子で鈍行に乗り換えた。その鈍行列車、次の停車駅・西ノ口に着いたが、なかなか発車しない。ミュースカイに追い抜かれるので停車していたのだ。(笑)
e0045113_19421830.jpg


 何とものんびりした時間!ホームに下りて写真をゆっくり撮ることができました。

 ビーチコーミングを頼まれた会の皆さん、ほとんどがオレよりずっと年上と思われるシニア世代で、海に飛び込んだり、石を投げたりするような連中はいないまさにレトロな面々でした。
e0045113_19462583.jpg


 この日は、生憎の強風で、寒い寒い!オレも含めシニアな面々は寒さに弱いので早めに公民館に移動することになり、お寺の境内をショートカット、そしたら大きなイチョウの木に乳が垂れ下がっておりました。
e0045113_19483845.jpg


 こんな乳は若いイチョウにはなく、レトロなイチョウに起きるものです。
 さて、まとめのお話も終わり帰り道、道端で赤いポスト発見!
e0045113_19502675.jpg


 どこかの商店の軒先ってのはありますが、神社の燈籠わきにある赤いポストって、なかなか見ませんよね。
 まぁ、オレが知らないだけかもしれませんが、知多半島でレトロなお出かけをしてきましたよ。(笑)






[PR]
by crazylovers | 2016-11-06 19:52 | ちょこっと古いモノ | Comments(2)

ナウ・アンド・ゼン

 本家ブログのBeachcomber's Logbookで、アナログな35ミリフィルムを取り上げたので、こないだ手に入れたのと、旧いモノを比較してみました。
e0045113_17183144.jpg


 上は2016年1月現在の現行品Coolpix AW-130、下はフィルム時代最後の防水カメラNIKONOS-Vです。潜水性能はAW-130が30m、NIKONOS-Vが50mとNIKONOS-Vの勝ちです。(笑)もちろんオレはそんなに潜れるわけ無いので(笑)(笑)
 NIKONOSは、ニコンがカリプソをライセンス生産したのに始まっているようで、スタイルはカリプソの方が絶対カッコいいのですが、フィルム装填や露出など、なかなか難しいカメラでした。それがNIKONOS-Vでは露出がオートになり、ストロボ同調までTTLになりましたし、水中撮影を基本に考えたのでゴーグルしていても見易いファインダー、それにグローブしていてもシャッターが押せるなど、使いやすいカメラでした。そうは言え、これを使った時期はほんの僅かで5本もフィルムを通してないかな・・・ある意味残念なカメラでした。
e0045113_17281685.jpg

 裏蓋の開閉機構はどちらもロックがかかり、似たようなもんです。ただ違うのは、AW-130が片手でやれるのと異なり、NIKONOS-Vでは両手!それもロックキーを押してノブを回すときは死ぬほどの力を込めないと閉められない非力なオレでした。(笑)(笑)
e0045113_1732239.jpg

 さて、重さは一目瞭然!コンデジはやっぱ軽いのがいいですね。画像の質などブログ使いでは、そう求めませんから。それよりも悪天でも平気で持ち出せるラフさが一番!!
e0045113_1734414.jpg

 そして重さでもNIKONOS-Vの一人勝ちですね。3倍強のおもさがあります・・・あ、電池とフィルム入れるの忘れたよ。(笑)これ持っていたとき思ったのは、鉄の塊なんですよ。そんなわけで両吊りのストラップの端を持って振り回せば武器になりますもん。ヤバい地域に行ったときなど安心じゃないかな。首にぶら下げておけばピストルの弾でもはじきそうなカメラです。でも、ずっとお蔵入り・・・きっとこれからもオレが死ぬまで使われないだろうな。
[PR]
by crazylovers | 2016-01-31 17:39 | ちょこっと古いモノ | Comments(4)

今日は自転車屋!(笑)

 うちの息子、このごろ自転車に乗らなくなり、ちょいとした距離でも車を使っている。なぜかと尋ねたら、「本気で漕ぐとチェーンが外れる!」と、のたもうた。(笑)  じゃぁ、いっちょう本気でオレも漕いでやろうと自転車にまたがってペダルを漕いだ! でも、外れない・・・もうちょい乗り出して、もっと本気モードで漕いだら、ガクッ、ガクッ、と空回りする。ギアをあちこち入れ替えても同様。

 こりゃ、ダメら!とよく調べてみたら、ディレーラーのギアが擦り減って、尖がるどころか、丸くなっていて空回りしていた。よくぞママチャリをここまで乗り潰したものだ!他にもフロントホィール内のダイナモが不調のようでランプも点かないわ。後輪のギアも、一番高いギア比の部分が尖がっていて、これも怪しい。

 何とかしなきゃと、文化の日は自転車屋になった。
 下の息子が乗っていた別のママチャリとニコイチできないかと!(笑) 結局、下の息子の乗っていた自転車のフレームを使い、駆動部品はメンテしなおして使うことに!こっちにはダイナモが無かったので、前輪をはずし修理開始!ダイナモの蓋を開けたら、配線の一つが外れていただけ。そこを差込みたぶんOKと進め、進め!
e0045113_17285544.jpg


 結局、移植した部品は、ベル、サドル、前の籠、ライト、スタンド、前後フェンダーで、かなりきれいになりました。やったね。(笑)
e0045113_17311489.jpg


 とりあえず、調整も終わって試走!イイ感じで漕ぎ出し、しばらく巡航、ギアを換えながら思いっきり踏み込んだらチェーンが外れ、ガックリ前のめりに転びそうになっちゃったよ。

 チェーンが伸びて、たらたらになっていました。チェーンカッタで切ろうかとも思いましたが、スーパーカブに似たチェーン張りの仕組みがあったので、それをやることに!結局苦労して取り付けたフェンダーやギアまわりの部品は外すことに!(笑) ここまで来たので、汚れていたチェーンは灯油で洗い、チェーンルブをつけてピッカピカ!そしてチェーンを少し遊びの出るくらいに張り組み上げました。

 朝9時過ぎに始めた自転車屋は、途中昼食など2時間ほどのブレイクをとっただけで、4時半まで!(笑) 再度の試走はもう薄暗がり!ダイナモも動き、オートライトもちゃんと点灯してくれました。 6時間かけて修理したママチャリ、チェーンを洗ったのが効いたのか、静かで快適です。

 ケチな親父の自転車屋,新機購入の話しも出そうでしたが、一日かけて使えるようになりました。やっぱスポーツ自転車よりもママチャリは難しいです。その理由はネジ数の多さ!ロードやマウンテンのようなスポーツバイクはメンテのしやすさを考えて作られていますが、ママチャリは自転車屋さんで修理してもらうように作られていますからね。(笑)(笑)
[PR]
by crazylovers | 2015-11-03 17:34 | ちょこっと古いモノ | Comments(2)

宍喰のブチョウ!

 ねぇねぇ、そこのブチョウさん!

 何~んて声のかかる繁華街でもなく、徳島の右下・・・宍喰にブチョウ!がありました。

 このブチョウ、肩書きではなく一種の建築様式で舞帳(ぶちょう)とよばれる雨戸なのです。 戸は上下に分かれ、開くと縁台に早変わりです。

 ここは上だけ開いています。
e0045113_17282028.jpg


 ここも上だけ開いています。
e0045113_17301417.jpg


 ここは上下とも閉まっています。
e0045113_17311675.jpg


 興味深そうに見ていたら、近所の方がブチョウのあるお宅に声をかけて下さったので、実際に開いてみることができました。下店には、このようにアシが下がり、開くと縁台になります。
e0045113_1733378.jpg


 同行のお二人に腰掛けてもらいました。
e0045113_17343688.jpg


 そして簡単に仕舞うこともできます。
e0045113_17354615.jpg


 このブチョウ、街道近くにあり、また海辺で台風などの多い場所として使いやすい雨戸の形式を求めてできた形でしょうね。近所の方にうかがえば、やはり過疎化でブチョウも減少しているそうです。

 アルミのサッシにはないステキな工夫なんですがね・・・。
[PR]
by crazylovers | 2015-10-24 17:38 | ちょこっと古いモノ | Comments(4)

終戦記念日

 今日は終戦記念日、それも戦後70年と言う節目の年です。
 かって対戦中は飛行気乗りだった親父もすでに鬼籍に入り、戦を体験した方々が本当に少なくなってきました。そして人だけではなく、記憶も薄れ、戦争遺跡も無くなりつつあります。わたしの地元ではもうそんな場所が見られなくなりました。

 ただ、渥美半島ではまだそんな場所がいくつか残っています。
e0045113_20483743.jpg

 田原市の渥美、保美から小中山に向かう途中、こんな縦長の黒いビルが!

e0045113_20512179.jpg
e0045113_20515088.jpg


 かってここには陸軍の伊良湖射場があり、通称・六階建と呼ばれる気象塔兼展望塔があります。目測でおよそ20mほどの高さがあり、大砲の弾道を観測していたものでしょう。隣にある蔦に絡まれた建物は無線電信所で、どちらも今では農機具庫?になっているのが平和の証ですね。

 伊良湖岬周辺は陸軍の伊良湖射場を作るために、住民が強制移転させられた歴史があります。こうした戦いの歴史を繰り返したくありませんね。
 田原市博物館では、8月30日まで渥美半島と戦争展が開催されています。
[PR]
by crazylovers | 2015-08-15 07:43 | ちょこっと古いモノ | Comments(0)

こどもの日!

e0045113_17461453.jpg

 今日は嬉しいこどもの日!端午の節句ですよね。それならこれ!!

 ほとんど気持ちが子どものまま、あんまり成長の見られないオレは子どもなので、今日はオレの日でもあります。オレの子供の頃・・・昭和30年代に飾られていたのはこんなのでしたよ。
e0045113_1748933.jpg

 こないだ偶然、コレを見て思い出しちゃいました。
 記憶の片隅にあった飾りで印象に残っているのは、動物の毛皮の上に飾られた武将!これ、オレの家にはありませんでしたが、旧家の友人宅にあったモノ。ディテールは覚えていませんが、毛皮と武将!!今でも飾られているのでしょうか?
[PR]
by crazylovers | 2015-05-05 07:45 | ちょこっと古いモノ | Comments(0)

点火!

 みなさん、今日は寒かったですね。名古屋でも最高気温が10℃とか・・・今日はフィールドトリップで一日外に出ていましたので、もうブルブル震えていました。行き先の東山公園では、紅葉が始まっている木もありましたが部分的で、この秋は暑さが続いたせいもあって、こんな紅葉はこれ一つでした。
e0045113_22114455.jpg


 寒い寒いと、帰宅後夕飯も食ってしばらくは我慢していましたが、耐え切れずに点火!
e0045113_22142154.jpg

 年季モノのレインボーストーブ、昨年芯を交換しましたので、まだしばらく元気に燃えてくれそうです。
 部屋もあたたまり、調理にも使え、停電でも関係なく動き、灯りにもなるレインボーストーブ、好きだなぁ~!
[PR]
by crazylovers | 2013-11-12 22:18 | ちょこっと古いモノ | Comments(0)

温故知新

 タイトルは論語の中にあるよく知られた四文字熟語だね。

 カメラ好きのオレ、カメラ歴はおよそ50年。小学校のころのコニレットにはじまり、ペンタのSV、オリンパスペンFTシリーズ、そしてニコンFシリーズとフィルムカメラ遍歴が続いた。
 ところがフィルム現像のインフラが怪しくなって、選んだデジカメはオリンパスのEシリーズ。これにはアダプタでニコンをはめても使っています。

 さて、フィルムカメラで一番好きだったのは、最後まで使っていたオリンパスペンFTシリーズ。ハーフサイズで倍写真が捕れ、24枚撮りなら50枚以上撮れたものです。そんなレンズ一式は防湿庫に眠っていました。

 そんなオリンパスペンFTシリーズのレンズを使うべく、大人の玩具を買っちゃいました。それはパナソニックのミラーレスデジカメ・ルミックスG5! このG5、グリップが大きく、あまり好みのデザインじゃない!でも、買ったのは旧式レンズが使いやすいシステムだったからなのですよ。

 そんな旧式レンズも使いやすい特徴をあげてみましょう。
①フランジバックが短く、アダプタがあれば、ほとんどのレンズが装着可能!
②レンズ無しシャッターOKにして、使うレンズの絞りに応じてAEが効く!(これは大きいね)
③オリンパスペンFTシリーズレンズの大きさがカメラ本体にマッチ!
④電子ファインダーが非常にキレイでピンと合わせが可能!
⑤ピント合わせの際、任意の一部を簡単に拡大して見ることができる!(ファインダーなら2クリック、背面液晶なら1タッチ)
⑥電子ファインダーのためにレンズの絞りを変更しても,明るさが変わらず被写体深度の確認ができる!

 以上の6点が便利ポイント!特に②⑤⑥が大きい!これがなきゃ買いませんでした。

では、試し撮りを見てください。
 レンズはオリンパスペンFTシリーズ100ミリ f3.5を5.6に絞りました。デジカメ側では1712:1712の正方形フレームで撮影、一枚目は全体の縮小画像。
e0045113_1459221.jpg


 二枚目はピントを合わせた洗濯バサミ部分の実物大画像
e0045113_1501785.jpg


 このレンズ、100ミリ3.5というどこにでもある望遠レンズ、値段も安く梅レンズだったわけですが、デジタルで使ってやっとその真価がわかりました。およそ40年前のレンズ、現代のモノと何ら遜色ありません。それよりも、今売られているダブルズームの望遠、100mm位置では、こっちの方が勝ってるかも知れません。

 温故知新・・・古いレンズを使うことで、新しいカメラの便利さが見えてきました。
 古いレンズで遊びたいなら、今値段も安くなってるG5,オススメです。(笑)
[PR]
by crazylovers | 2013-08-01 18:35 | ちょこっと古いモノ | Comments(2)

引き出しの奥に・・・!

 引き出しの奥にあった、赤くて小さなプラスチック片、覚えている方はいるだろうね。
 でも、これがどこかに行っちゃうんだよね。
e0045113_22542199.jpg


 今は名前が変わりましたが、昔はこれ!
e0045113_22551161.jpg


 その正体を分解すれば!
e0045113_225823100.jpg


 誰もバリアントなんて言わず、社名のロットリングって呼んでましたね。今では、イソグラフって言うそうです。(笑)
[PR]
by crazylovers | 2013-07-03 21:52 | ちょこっと古いモノ | Comments(2)

吉胡貝塚資料館

 吉胡貝塚資料館は丘の上にありました。200円を払って中に入りました。
e0045113_17591627.jpg


 薄暗い館内で出迎えてくれたのは、骨と貝殻・・・そして石器と土器たち。(笑)
e0045113_181314.jpg


 復元ジオラマはロフト部分に設置されていました。
e0045113_18321.jpg


 やはり、貝輪がメインですね。これが見たくて訪れた場所だったので、うれしかったね。
e0045113_184522.jpg


 そして、展示物の中には、現代の漂着物もありました。
e0045113_1861852.jpg

 展示されていたのは、貝、流木だけではなくプラスチックゴミも・・・きっと縄文人も漂着物を漁るビーチコーマーだと思わせる展示がうれしかったですね。
[PR]
by crazylovers | 2013-01-29 07:22 | ちょこっと古いモノ | Comments(4)