excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
kinさん、  はい..
by beachcomberjp at 21:22
どちらも表紙が素敵です。..
by kin at 20:30
hiyocoさん、  ..
by beachcomberjp at 16:22
春さん、  はい、うち..
by beachcomberjp at 16:19
hiyocoさん、  ..
by beachcomberjp at 16:15
北隆館はこんな学習図鑑も..
by hiyoco at 13:26
Shigeさんは2年D組..
by hiyoco at 13:10
私は小さい頃は本は買って..
by 春 at 10:35
ぱんださん、  めちゃ..
by beachcomberjp at 22:07
ご無沙汰してます。 私..
by ぱんだ at 21:39
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いのちのたび博物館

 九州に行ってきた。
 親切な方々のお世話になって、至れり尽くせりの旅。
 そんな中で印象に残ったのが、
 いのちのたび博物館だ。
 北九州市立自然史・歴史博物館ともいう。
 何が印象に残ったかって??

e0045113_2115186.jpg

 リニューアルしてやって来た、巨大なセイズモサウルスのレプリカ骨格ではない。

 昔の北九州市立自然史博物館は、駅構内にあってキオスク博物館と揶揄されたこともあった。
 あの頃の展示と比べるべくもないが、印象に残ったのは、こんなところだ。

e0045113_21193975.jpg

 リサーチゾーンにあった研究室のジオラマだ。
 こんな部屋で、学芸員が研究しています・・・というコンセプトで作られたものだろう。
 今時、こんなコンピュータを使っている研究室はないと思うが、アップル社のクラシック2と、パワーマックG3,それもゴッサマーと呼ばれたシブい機種、それに中央にあるのはワープロ専用機(オアシス?)だ。
 今から思えば、笑えるものの、コンピュータの処分にリサイクル費用がかかる昨今、このように展示に使ってしまうとは、賢い方法でもある。

e0045113_212729100.jpg

 古生代のフズリナの形態を説明するときに、文章や絵で説明するよりも、50倍のこうした模型を使えば分かりやすい。素晴らしい復元模型だね。

e0045113_21303724.jpg

 わたしが思う、この博物館の目玉は、プロトプテルムと並ぶディプロミスタスだろう。山田弾薬庫跡の関門層群から発見された標本が展示されている。
 それもこのディプロミスタス コクラエンシスは、タイプ標本なのだ。それが見られるだけでなく、写真の撮影しやすい状態で展示してある。
 これは、これからの博物館の展示方法の指針となるかもしれない。

 ただ、残念なこともあった。特別展は昆虫をテーマにしたものであった。標本はともかく、ムシキングブームに乗っかった、子供に迎合したようなコンセプトや内容はいただけない。 もちろん、自主財源が求められ、厳しい状況にあるのはわかりますがね。

 常設展示には、歴史も含め、素晴らしいものが多かった。小倉においでの際には、ぜひどうぞ。オススメです!!
[PR]
by crazylovers | 2006-08-30 21:42 | on the road | Comments(2)

乾いた宝石

 この夏も、やけに暑い!そして8月も後半というのに、名古屋では日中35度近くまで気温が上がり、夜は熱帯夜・・・そして9月も暑いという予報が出ている。
 一体どうなるんだ??
 
 我が家のブルーベリーはとっくの昔に枯れた。初夏に真っ赤な実を付けてくれたラズベリーも枯れはじめた。慌てて水をやっているが、どうなることやら・・・?

 今日の夕方、庭先で宝石が乾いて転がっていた。
e0045113_21115483.jpg

 夕日を受け、緑に輝くビートル!!

 まだまだ暑さが残っているが、季節は確実に移り変わろうとしている。
 夜中まで鳴いていたセミが影を潜め、コオロギが鳴き出した。
 そして我が家の裏庭にシジュウカラが戻ってきた。渡りの途中かも知れないが、久々の出会い!!・・・小っちゃい秋みつけた!
[PR]
by crazylovers | 2006-08-25 21:16 | Comments(2)

ツメ石探し

 先日、越前海岸早朝コーミングの後は、暑さを避けて博物館へ!
 そして、ちょっと時間があったものだから、谷峠を越えて石川県まで行ってきた。
e0045113_22585630.jpg

 そこは白峰の手取川、ここでちょっと川遊びをしてきた。
 川遊びと言っても魚や沢蟹と戯れるのではなく、シジミ探しだ。

 手取川の源流となる白山地域では、手取層群と呼ばれる中生代の堆積物が分布している。手取層群全体では、ジュラ紀後期から白亜紀前期にかけての地層が見られる。

 この地域は古くから中生代の化石を産し、有名な場所でもあり、恐竜や哺乳類の化石も多産している。
 そんな化石は研究者にまかせ、わたしは川原でシジミの化石を探す。このあたりではテトリシジミCorbicula tetoriensisが多産している。
 
 テトリシジミは砂岩・頁岩互層中で密集していることが多い。特に砂岩の中に含まれた貝化石の断面は爪状に見えることから、ツメ石ともよばれている。

e0045113_23171244.jpg

 平ぺったいツメ、丸いツメ、いろんなツメがある。
 地元の人に聞いた話では,昔子供たちは川原でツメ石を探し、それに自分の爪をあてて、ぴったり合うものを探して遊んだそうだ。
 このように、化石が民俗と深く関わっていた事例はそんなに多くない。

e0045113_2321382.jpg

 砂岩の硬さや色によっても表情が異なる。川で磨かれた砂岩は角が丸くなり、石灰質の殻部分が先に溶け、浅い爪形の模様ができる。

 そうした砂岩が、川原の転石から見つかる。
 ハンマーのいらない、のんびりした化石探し、
 エスティングの出番は無かったけど、
 真夏の楽しみだね。
[PR]
by crazylovers | 2006-08-22 23:24 | mountains | Comments(4)

エスティング

 時々名前の出てくるエスティングとはコレ!!
 地質調査に使うピックハンマーだ。
e0045113_14455148.jpg

 片側がハンマーで、反対側がピックになっているものを愛用している
 人によって、ハンマーの反対側が平たくなったチゼルタイプを好む人もいる。

 かれこれ20年ほど使っているハンマーだ。
 青いナイロングリップが軍手をしても滑らずに、使いやすい。

 ちなみにエスティングとは、アメリカの道具メーカー!こうした地学用品だけでなく、大工道具も、森林用具も作っているよ。
[PR]
by crazylovers | 2006-08-22 14:49 | ちょこっと古いモノ | Comments(2)

叩く、叩く、叩く・・・

 小学生のころはずっと恐竜・化石少年だった。
 小学一年生のとき、担任の先生にそそのかされ、土岐・瑞浪あたりでの化石採集にハマった。
 幼少時から育まれた「モノ探し」がここで一気に開花!

 でも、浮気なわたしは、中学時代にはギターにハマり、化石のことなどすっかり忘れていた。
 ところが、過去にハマったことのあるのには、フッと甦り、再度のめり込む悪癖がある。
e0045113_1412262.jpg

 化石採集をしていて、一番嬉しいのがコレ!
 誰もが知っているアンモナイトだ。

 山中の沢に分け入り、出そうな場所を探して、叩く、叩く、叩く・・・
 ノジュールは探さない・・・あとでクリーニングが面倒だからね。
 それよりも、きれいに剥がれそうな頁岩を叩く。
 出そうな頁岩は、臭いも違う!
 頁岩をエスティングで叩き、かすかに割れたページを手で開き、
 見開き両ページに、アンモナイトが現れた瞬間がうれしい。
 このために叩く、叩く、叩く・・・

 7月に福井に行った帰り、Oh-No!市に合併した山道を走ったら、ついついアンモのいる沢へハンドルを向けていた。
 車で行けるところまで行き、エスティング片手に、沢を登り、砂防ダムを二つ越え、たどりついたいつもの場所。
 しばらく叩き、やっと出てきたのがコレ!
 久しぶりだったので、ちょっと形は悪いものの、お持ち帰りとなりました。
[PR]
by crazylovers | 2006-08-17 14:29 | mountains | Comments(2)

円筒碍子

 この夏、富山の発掘で、ポケットに忍ばせてきたモノがある。
 それがコレ!!
e0045113_17304274.jpg

 ごらんの通り、タイトルにもある円筒碍子だ。

 発掘現場で使用する道具、それに標本の保管庫にもなっていた場所があった。
 そこは倉庫だけではなく、昼休みの休憩所にもなり、仮のクリーニングルームにもなった。
 現場部隊はともかく、後方支援のハンマー隊にとっては、忘れられない場所だった。
 老朽化に伴い、その建物がこの春に撤去された。

 更地になった場所に転がっていたのが、円筒碍子。

e0045113_17353263.jpg

 ミーティングに使われることもあれば・・・

e0045113_17355281.jpg

 実体顕微鏡やコンプレッサーを使ったエアスクライバもあって、クリーニングの一部もここで行われた・・・

 実は、この建物ずっと昔に、小学校の小坂分校として建てられたものでした。
 市町村合併で、大山町が無くなり、富山市に合併され、懐かしい校舎も見あたらなくなりました。
 更地になった学校跡を見て、少し季節がすぎたら、また夏草の生い茂る野原になってしまい、記憶も薄れて・・・と思って、この円筒碍子を拾ってきました。
[PR]
by crazylovers | 2006-08-09 17:38 | ちょこっと古いモノ | Comments(0)

個体識別

 富山の発掘現場付近は、野生の宝庫!!
 上空をクマタカが飛ぶこともあれば、小熊を見た人も(わたしもこれだけは見ていない)
 そんな中で、毎日見るのがカモシカ!
 最初は、発掘作業の手を休めて見ていたり、カメラを向けていたが、だんだん普通のことになり、気にしなくなると・・・
e0045113_21371342.jpg

 こんなに近づいてくれました。

 そしてここに現れるカモシカは少なくとも3個体識別ができるようになりました。
 こいつは顔黒、体毛が淡色なわりに顔が黒いヤツです。
 残りの2体は、顔黒に似ていますが、涙腺周囲が白く目立つ個体。
 それに全身真っ黒の個体です。
[PR]
by crazylovers | 2006-08-08 22:00 | mountains | Comments(2)

土石流!!

 富山市にある発掘現場には、いくつかのサイトがある。
 基本的には、恐竜足跡化石の大露頭だが、この他に数本ある沢沿いの小さな露頭からも足跡や化石が発見されている。
 あるサイトからは、昨年夏の発掘で鳥脚類の足跡化石や淡水カメと思われる骨化石が確認された。
 そのサイトが、コレ!!
e0045113_15564562.jpg

 去年の夏にあった発掘後、土石流に飲み込まれ、V字型の断面を持つ沢の露頭は、土石流に削られ、U字型の断面になってしまった。そしてその上を覆う大量の土砂と礫!
 この土石流は、沢の下に設けられた砂防ダムさえ、埋めつくしてしまったのだ。

 寂しげな背中は、調査中の博物館学芸員G氏!
[PR]
by crazylovers | 2006-08-06 16:02 | mountains | Comments(0)

今年も発掘!

 富山県の恐竜発掘に行ってきました。
 場所は、富山市!!以前は大山町だったのですが、市町村合併により富山市になり、発掘調査は富山市科学文化センターの活動になりました。
 とは言え、場所も同じなら、宿も同じ山菜「くろ川」、それにメンバーもほとんどかわりません。
e0045113_15162925.jpg

 さて、発掘のはじめに、漂着物学会の石井会長を現場にお連れしました。
 石井先生は前から恐竜がお好きで、ちょうど新潟県柏崎で講演会があったので、そのついでに案内しました。

 この現場からは、肉食恐竜の獣脚類、草食の鳥脚類、竜脚類、アンキロサウルス類、翼竜類、それに鳥類の足跡化石だけではなく、獣脚類の歯化石も確認されています。
 石井先生は、傾斜が30度ほどある崖の足跡化石に手を触れ、しばらくの間、中生代へのタイムトラベルを楽しんでみえました。
[PR]
by crazylovers | 2006-08-06 15:25 | mountains | Comments(2)