excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
先日テレビで宝塚音楽学校..
by hiyoco at 23:08
春さん、  はい、この..
by beachcomberjp at 19:56
ろっかくさん、  金沢..
by beachcomberjp at 19:55
わぁ、楽しみですね(^^..
by 春 at 11:44
白山そばやっているのです..
by ろっかく at 20:47
ろっかくさん、  やは..
by beachcomberjp at 20:09
油谷乳業、卯辰山のにあっ..
by ろっかく at 07:45
hiyocoさん、 ..
by beachcomberjp at 16:48
hiyocoさん、 ..
by beachcomberjp at 16:45
タケノコご飯おいしそう!..
by hiyoco at 23:20
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今日もビュッフェ!!

 なぜかこのところ、土曜昼食はビュッフェ!
 今日は、嫁さんのお父さんが77歳の誕生日。
 それを祝ってみんなで出かけました。
 名古屋駅マリオットホテル15Fにあるパーゴラのランチビュッフェ、
 ここは嫁さんや子供たちのお気に入りです。
 いつもビュッフェに行くと、お土産をこっそりポケットに入れてくるのが、貧乏症なわたし・・・。
 今日、ポケットに放り込んだのはコレ!!
e0045113_2039234.jpg
 スプーンやナイフじゃないですよ。
 これは貝殻・・・縁にはエメラルド、内側は真珠層がきれいに輝いています。
e0045113_20443433.jpg

 ブイヤーベースに入っていたコレは、いわゆるムール貝の仲間だね。最初はミドリイガイだと思った。
 でも、調べていくと、イガイ目イガイ科 モエギイガイ Perna canaliculatusのようだ。味はムール貝と全く同じ感じ。食感もいい。

 新しい標本が一つ増えました。ラベルの産地は、名古屋市名駅・マリオットホテルでいいか・・・。
[PR]
by crazylovers | 2007-06-30 20:40 | foods | Comments(2)

Hybrid

 ガソリンが高くなってきた昨今、ハイブリッド車プリウスをよく見るようになってきた。ガソリンと電池を併用し、燃費はかなり良いようだ。
 ただ、プリウスのデザインに???を付ける人は多いと思う。わたしはあんな形の車に乗りたくない。
e0045113_1842278.jpg

 これはオリンパスが作った一眼レフハーフサイズカメラ、オリンパスペン-FT。
 大阪で行われた万国博覧会でも、タイムカプセルに入れられたほどの名機。
 そしてデジタルに移行する前まで、一番活躍していた愛機。

 カメラに詳しい方なら分かると思うが、これに付いているレンズは特殊レンズ!やけに奥まった場所に小さなレンズがある。
 これは E-Zuiko Macro f3.5, f38mm・・・マクロレンズなので、ぐっと対象に近づいて撮影できる。レンズをくり出して、最も近づけば、36×24ミリほどの範囲が撮影できる。もっとも、それだけ近づけばライティングが難しくなるモノだ。
e0045113_18501940.jpg

 この貝は、知多半島の海で拾ってきたアカニシ。殻のサイズは6センチほど。
 この写真、デジカメの写真だが、レンズは1960年代に設計されたE-Zuiko Macro f3.5, f38mmを使って撮影した。

 今から40年ほど前のレンズだが、今のレンズと比べても遜色なし。
 こう言う遊び方もハイブリッドだね。
[PR]
by crazylovers | 2007-06-28 19:03 | ちょこっと古いモノ | Comments(0)

100万人のキャンドルナイト

 100万人のキャンドルナイト 2007夏至、 こんなイヴェントをご存知ですか?
 6月22〜24の夜8時から10時にかけ、電気を消して蝋燭を灯そうというもの。
 CO2削減とやらが目的らしいが、わりと大きめなイヴェントになりそう。
 そんなわけで、うちでも・・・
e0045113_17183847.jpg

 時間は合わせられなかったが、うちでも電気を消して蝋燭を灯す。
 ・・・・思ったよりも暗い・・・・!
 ・・・やっぱり暗い・・・
 ・・・・・・・・・
 ・・ちょっと時間が経ち、目が慣れてくると、こんなイメージ。
e0045113_17213583.jpg

 この時季、蝋燭の炎に似合うのは、ギターの音よりも、ウクレレの音かな。
 ポロロン・・・って。

 
 さて、わが家のキャンドルナイト、ちょこっとエコにつながったかな?
 ちなみに、蝋燭はこないだ坂尻の浜で拾ってきた、直径4.5×12センチの漂着モノ、そして燭台は前に小野浦で拾った陶片の見込み部分(松竹梅紋は蝋燭の下)。どちらもリサイクル!!
[PR]
by crazylovers | 2007-06-25 18:01 | ちょこっと古いモノ | Comments(4)

歯列矯正

 今日は息子の歯列矯正で豊橋のH歯科まで。
 3年かけてやってきた歯列矯正、その金具が外れる日でした。
 
 スッキリ外れて、昼飯に向かった先は、「ひな野」というビュッフェ式のめし屋。
 大人一人、1500円でいろいろ食べることができる。
 今日、わたしが飲食したモノを列記するとこうなる。順不同
 ちらし寿司
 チャーハン
 ヒジキの炊き込みご飯
 サラダ
 アジの南蛮漬け×2
 レタスと卵のスープ
 鶏の唐揚げ
 カシスジュース
 コーヒー×3
 クロワッサン×2
 杏仁豆腐+ハニーヨーグルト
 そして〆はこいつにしましたぁ〜!!
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
e0045113_22452083.jpg


 食事の後は、また歯医者に逆戻り。
 金具は外しましたが、レジン製のカバーを装着するための調整が残っていたのです。

 金具は外れたのですが、レジンカバーがきつくて、息子はクサっていますよ。
[PR]
by crazylovers | 2007-06-23 22:47 | on the road | Comments(2)

朴葉巻

 ちょっと前に朴葉寿司をアップしたが、同じように作るものに朴葉巻がある。
 まず用意するのは、伸びた朴の葉っぱ!!
e0045113_2111281.jpg

 米粉(だんご粉)を蒸し上げ、すり鉢でしっかり付き滑らかな舌触りにした後で、丸く伸ばします。
e0045113_2113143.jpg

 こし餡を置き、それを包みます。
e0045113_21143436.jpg

 寿司と同様に、朴葉で包みます。
e0045113_21154839.jpg

 ほんの一瞬蒸し上げれば、朴葉の匂いが移ります。
 あら熱がとれたら、美味しく頂けます。

 これは母方のご先祖さまのいる木曽地方のお菓子で、木曽福島にある芳香堂さんでも、もう少し先になれば売り始めます。
 木曽では初夏のお菓子ですね。こっちではもう葉っぱが大きくなっていますが、山深い木曽ではこれからのようです。
[PR]
by crazylovers | 2007-06-18 21:19 | foods | Comments(2)

ぐったりツーリング!

 しっかり走ってきた。
 最初は車を予定していたが、天気も良かったし、単独行になったのでバイクを選んだ。迷ったあげく、選んだのはスーパーカブ!!
e0045113_2355518.jpg

 山の中を突っ切って、日本海に会いに来た。
 ここは福井の北潟海岸、バックに見えるのは、赤い橋で渡ることができる雄島。

e0045113_004784.jpg

 運転席からの景色はこんな感じ!!
 バイクで堤防を走ったが、車と違って見晴らしがよい。冬場にこれで浮き玉を探したら、効率が良さそう。浜が丸見えなんだよ。
 それにしてもこの天気!!梅雨に入ったはずなのに、どうなってんの??

e0045113_053966.jpg
 
 鷹巣海水浴場の近くでパチリ!それにしても細いカブタイヤでは、ちょっとした砂地でも難しいですね。

 天気の良い日でしたから、しっかり焼けました。
 さすがに今日は一日ぐったりしていましたよ。

 合計420キロほど!たしかに丈夫な、世界のスーパーカブです。自分の体力の限界も知ることができました。このところ一ヶ月くらい、ビリーズブートキャンプやっています。最初は全くついていけなかった腹筋ですが、最近やっとこさ真似できるようになりました。バイク乗るのに必要な腹筋、やっぱ鍛えて正解でした。

 ただ、暑くなるこれから・・・どれだけ続けられるのかな?
[PR]
by crazylovers | 2007-06-18 00:18 | on the road | Comments(2)

プチプチツ→

 東海地方、やっと梅雨入りでしょうか?
 昨日の雨間をぬっての、バイクでプチプチツーリングは、往復50キロに満たないモノだった。
 行き先は多治見市の姫!
 目的地はココ!!
e0045113_1621860.jpg
 とある商店の店先、午前11:30、中にはもう客が並んでいた。
 まだ店の外には出ていないが、わたしの前に並ぶおばちゃん、オジサン、お婆ちゃん総勢7名、わたしは8番目だった。




 「まだ注文されていないお客様・・・何にいたしましょうか?」と、問われ「****12個おねがい」と、わたし。
e0045113_1661598.jpg
 12個の****は、こんな状態で手渡された。支払った金額は税込み630円。




 11:35に店を出て、暗い空が泣き出す前にカブを走らせること35分!!うちに戻ってきた。
 さて、****は何かというと・・・。
e0045113_1691187.jpg
 アツアツのコロッケでした。
 12個入ってないぞ? えへへ・・・途中でお腹が空いたので、信号待ちで一つ喰ってしまいました。
 胡椒の効いた、揚げ油もラード、美味しいコロッケでした〜!!
[PR]
by crazylovers | 2007-06-10 10:46 | on the road | Comments(2)

500g

 今の時季、朝晩毎に収穫しているのがコレ!
 ラズベリー・・・木イチゴの仲間。
e0045113_21515852.jpg

 一度の収穫はこれくらいだけど、冷凍保存して貯めていたら500gになった。



e0045113_21531057.jpg

 そんなわけで、鍋に入れ、砂糖をふりかけ・・・



e0045113_2154781.jpg

 煮込むと、ラズベリーソースが出来上がります。
 出来上がったものは、ヨーグルトにかけたら、香り高くて、市販のジャムなどもう使えません。
 ラズベリーは梅雨時の楽しみでもあるのですが、これ実は秋にも収穫できるのです。
 一年で二度美味しいラズベリーでした。お宅もお庭にいかがですか??
[PR]
by crazylovers | 2007-06-08 21:56 | foods | Comments(2)

温故知新

 下の写真、何を撮ったのか分かりますか?
 すぐに分かったあなたはスゴイ!!きっとわたしの師匠でしょう。
e0045113_2332863.jpg

 クローズアップなので分かりにくいですよね。
 では、これならどうでしょうか?
e0045113_2343695.jpg

 この写真は、ほぼ実物大なのです。
 これで分かった人が少しは出たはず。
 そうです。焼き物のおろし道具なのです。
 でもコレ、戦時中に作られた金属の代用品ではありません。

 先日、バイクで林道を走っていたとき、崖の下に陶片が転がっていているのを拾ってきました。
 これは「おろし皿」と言って、15世紀ごろ・・・室町時代に焼かれた器なのです。
 底に高台はなく、シンプルな糸切り。そして全体にうっすらと掛けられた灰釉は、おろし目を殺していません。

 さて、ここからは実験考古学!!
 この陶片をしっかり洗った後に、煮沸消毒してみました。
 そして・・・
e0045113_23143188.jpg

 皮を剥いた長芋をおろしてみました。
 結果は、驚くほどサクサクおろせるのです。
 その秘密は、直角につけられた櫛目が重なって、長芋の繊維をおろせるようになっているのです。
 これなら、自然薯でも労せずにおろすことができたのでしょう。
 これまで使っていた、わが家の「おろし金」よりも、軍配はこっちに上がりました。

 こうした素朴な「おろし皿」、誰か造っていないのでしょうか?いないのであれば、自分で作るしかありませんね。
[PR]
by crazylovers | 2007-06-03 23:20 | foods | Comments(4)

海に行き、山に登る

 昨日、(6月2日)友人と若狭の海に行き、海浜自然センターに立ち寄った。
 その後で、以前から気になっていた音羽山へ登ってきた。
e0045113_14455223.jpg

 登山口は海からすぐの場所、標高は3mほどだろうか?
 若狭の海はリアス式海岸で、海岸から急な絶壁が立っていることが多い。
 照葉樹林の木漏れ日の中を歩く。
e0045113_14475341.jpg

 ブナだろうか、新緑の葉っぱの透過光が眩しい。
 最初のころ、登山道はジグザグに登って、展望台までは、およそ10分の道のり。
e0045113_1450154.jpg

 あっけなく、こんな絶景に恵まれた。
 右中央に見えるのが、海浜自然センター、きれいな島は烏辺島、その奥には御神島と常神半島。
 これだけ見えたら、もう戻っても良いかも・・・と思ったが、やはり山頂を目指すことになった。こんなとき、相棒がいるのは心強い。
e0045113_14545428.jpg

 獣の足跡を見ながら、急な登山道を登る。
 風倒木が多く、跨いだり、くぐったり・・・もうちょっと整備されていたらうれしいな。
 この登山道のほとんどは尾根筋にあって、急峻。快晴の今日は問題ないが、粘土質の表面は雨の後なら登りにくいだろう。
 展望台から登ることおよそ35分、こんな景色が広がった。
e0045113_14591986.jpg

 登ってきた路の反対側には、三方湖、水月湖、菅湖、そして敦賀半島、その奥には越前海岸が遠望できた。
 まことに絶景かな!こんな光景を望めるとも知らずに登っただけに、サプライズの喜びがあった。
 残念なのは頂上直下に林道が走っていた。シングルのエンジン音が聞こえてきたかと思えば、ピンポン!!走って来たのはヤマハのSR。頂上から少し下った場所にも林道沿いの展望台があった。
 バイクで登れる山のようだが、自分の脚で登ってきた達成感は捨てがたい。

 さて、急峻な尾根筋の登山道は下りが大変。倒木の小枝を折って、杖を作り、それを使って下山した。
e0045113_1594682.jpg

 下山途中にも楽しみはありました。
 魚のシルエットをした木の葉をみつけ、樹海を泳がせてみた。

 山頂から登山口までの下りにかかった時間は45分。急げば短縮できるが、安全に気を付け、山道を楽しめばこんなものだろう。
 食見の海と山、どっちも楽しめます。
[PR]
by crazylovers | 2007-06-03 15:14 | on the road | Comments(2)