excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
初めまして。TBSテレビ..
by 吉行 at 17:58
kasekibunot..
by beachcomberjp at 22:03
うわあ、、、 つっこみ..
by kasekibunotiti at 18:31
ありがとうございます!
by のら at 20:15
そうなんですね!宮崎にも..
by mmerian at 21:40
mmerianさん、ごめ..
by のら at 21:36
のらさんのコレクション、..
by mmerian at 21:31
応援ありがとございます。..
by のら at 19:27
のらさん、  北海道で..
by beachcomberjp at 19:11
ありがとうございます。会..
by のら at 09:22
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

When the golden leaves begin to fall

e0045113_17393227.jpg
 紅葉前線が名古屋近郊まで下がってきた。

e0045113_17394996.jpg
 天気の良い朝には、朝日を浴びて眩しいほどのトウカエデ。

e0045113_1740262.jpg
 まさに、スタンレーが歌っていた When the golden leaves begin to fallだねぇ・・・。

 それにしても、こんな日のオリンパスブルーですねぇ。
[PR]
by crazylovers | 2008-11-30 17:40 | Comments(4)

No Book No Life

 このブログのタイトルは、No Music No LifeをもじったNo Photo No Life。
 衣食住が足りて、次に来るのがこのシリーズ。
 欲張りなわたしは、Music,Photo,それにNo Book No Life, No Nature No Life, No Bike No Life・・・と続いてくる。

 最近各地にブックオフなる100円古本屋があるが、どこに行っても同じような品揃え。ときどき100円コーナーに安いモノはあっても、他では手に入らないモノや珍しいモノはまずない。あればついつい入ってしまうのだが、パチンコ屋同様に、暇つぶしの域を出ない。

 さて、昔からの古本屋は、そんな店に押されたり・・・と、最近元気の無い店が多く、売り上げの多くをネット通販が占めているという。
 そんな昔からの老舗古本屋で今日は嬉しい出会いがあった。たぶん今年一番の出物だろう。

 ニック・アダムズ物語・・・と聞いて、ピーンと来たあなた、なかなかの米文学通ですねぇ。
 これはヘミングウェイが書いた様々な短編集に収められている中で、彼の自伝的要素が高いと言われる「ニック・アダムズ」を主人公にした短編を、ニックの成長の過程にそって並べたもの。

 1972年にアメリカで発行され、翌年は日本でも三笠書房からニック・アダムズ物語として出版された。

 世の中でヘミングウェイがどのような評価をされているのかは知らないが、わたしは優れたネーチャーライティングの作家だと思う。
 このジャンルでは、ティンカークリーク・・・を書いたアニー・ディラードなんかの評価が高いが、個人的にはヘミングウェイのほうがずっと好ましい。
 「大きな二つの心臓の川」など、何度もワクワクしながら読み返したものだ。

 そんな大好きなニック・アダムズ物語が、古本屋の棚に並んでいたのだ。
e0045113_19143794.jpg
 うわぁ~!!手にとったら声が出ちゃったよ。だってダストジャケットはピカピカ!!本もタイト!!たぶん買っただけで読まれることの無かったThe Nick Adams Story 1972年初版本!!!
e0045113_19171467.jpg
 ダストジャケットを外せば、ハードカバーの表紙はブルークロスに作家名が金箔押し!!
e0045113_19192745.jpg
 表紙の三色刷り木版画もステキだが、扉の版画も何ともいえない味わい。
 早速入手し、喜び勇んで家に戻り、コーヒーをすすりながら、Big Two Hearted Riverを読み始めた。彼の文章はシンプルで味わい深く、この中にある蕎麦粉のパンケーキを焼くシーンなど、焚き火の匂い、それに油がしみ込んだ蕎麦粉のパンケーキが焦げる匂いまで漂ってきそうなんだよね。

e0045113_19293919.jpg
 もう一つ、これは濡れ場なのだけど、とっても押さえた表現ながら、あのときの感じを的確に男の側から描いているモノ。興味があればお読みください。

 この本で嬉しかったのは、老眼のわたしでも眼鏡無しで読めるポイントの大きさ。それに何とこの美本が1000円だったのですよぉ~!!!
[PR]
by crazylovers | 2008-11-25 17:40 | books | Comments(2)

郡上の交通事情

 郡上八幡に行った際、気になるモノがあったので紹介しよう。

 大きな箱を積んだホンダのハンターカブ発見!!110ccなのでもちろんピンクナンバーだね。
e0045113_21244227.jpg


 何に使われるのだろうか?と思ったら、本屋さんの配達用のようでした。
e0045113_21253829.jpg


 扉の内側に何台も車が・・・それも左はトヨタで右はニッサン!!!こんな売り方をしてるのかと不思議に思ったが・・・
e0045113_21273690.jpg
 扉の中が車庫になっていただけなのでした。郡上八幡では、このように扉の中に車を入れ大切にする風習があるようで、白い軽トラックもこのように格納されているところがありましたよ。
[PR]
by crazylovers | 2008-11-24 08:56 | on the road | Comments(2)

どんぐり染め

 特別支援クラスで「どんぐり染め」をやってきました。

 秋の天気の良い日に、みんなで外に出かけて、どんぐり拾い・・・その後でどんぐりを踏んで割り、細かくして、琺瑯鍋でぐつぐつ煮込みました。
e0045113_2055835.jpg

 煮汁がどんより・・こげ茶色になるまで、じっくり煮込みそれをザルで漉して染め液にしました。
e0045113_20553919.jpg

 染め液に、水通しをして輪ゴムなどで縛った木綿の布巾サイズの布を投入!!!
e0045113_2056953.jpg

 みんなでどんどん投入しました。もちろん火はつけたままで液温の低下を防いでいます。
 およそ10分ほど染めました。
e0045113_2056309.jpg

 定着には焼き明礬を使いました。お湯の4%程度を入れ(適当に)定着液にしました。
e0045113_20564618.jpg

 定着液にも10分ほど浸けました。
e0045113_205744.jpg

 その後は外の流しで水をかけながらの水洗!!
e0045113_2057193.jpg

 水洗が終わって、ゴムを外すとキレイな絞り染めができあがりました。
 みんなやさしい色の「どんぐり染め」を喜んでくれたようです。
e0045113_20573959.jpg

 自分で拾って、割って、煮出したどんぐりの汁で染めた布巾、喜んでくれました。
[PR]
by crazylovers | 2008-11-20 21:08 | crafts | Comments(6)

寒ぶっ!!!

 小春日和があった11月だったけど、夕べあたりから一気に冷え込んできた。
 慌てて灯油を用意して、ストーブも出してきた。
 そして今朝から点火・・・起きたら階下から燃えるケロシンの匂い。

e0045113_21293611.jpg
 帰宅するとやはりついていたのは石油ストーブ、炎のあかりが部屋を暖かく照らし出している

e0045113_21295441.jpg
 このストーブ、愛知のストーブメーカー「トヨトミ」のレインボーストーブRB-2。
 レインボーストーブはガラス製の火屋(ほや)に炎が虹色に反射することから名づけられたもの。
 製造元は、芯の供給を止めてしまったが、ファンの中にはアメリカから芯を輸入している人もいるほどなのです。

 この冬も、暖めてくれよ~!!!
[PR]
by crazylovers | 2008-11-19 21:40 | ちょこっと古いモノ | Comments(2)

郡上八幡名物

 各地に、それぞれ名物はあるが、郡上八幡名物と言えばコレだろう。
 とある小さな食堂の出窓を見ていただきたい。どう見ても高級なモノではないが、嬉しくなっちゃうメニューである。
e0045113_2165451.jpg


 ラーメンと呼ぶよりも、「支那そば」と読んだほうがしっくり来るモノ、海苔が浮かべてあるところがいいねぇ。
e0045113_21112688.jpg


 これは親子丼だよね。これまた上にかけた刻み海苔が大目だわ。
e0045113_21114730.jpg


 そしてカツ丼!!!ここのカツ丼は卵とじにしてあるのではなく、卵とじの上にトンカツが乗っているんだねぇ~!!!
e0045113_2112167.jpg


 出窓に墨書してあった「なべやき」は器だけなんだね~!!!
 郡上八幡名物は、ラーメンでも、親子丼でも、カツ丼でもありません。こうした食品サンプルなんですよ。
[PR]
by crazylovers | 2008-11-17 19:20 | mountains | Comments(2)

秋色

 郡上八幡は紅葉の盛りでした。
 もう少し遅くても良いかもしれないが、油断していたら紅葉から褐葉になってしまいます。
e0045113_20565177.jpg
 吉田川沿いの輝くカドミウムイエローも美しく・・・

e0045113_20581250.jpg
 彩度の高いスカーレットが際立つイロハモミジも美しいが・・・

e0045113_2115221.jpg
 お寺さんの手水鉢に落ちたヤマザクラ一葉に、秋を感じちゃいました。
[PR]
by crazylovers | 2008-11-16 15:04 | mountains | Comments(6)

水の町・郡上八幡

 平成の市町村合併で郡上市となった郡上八幡に行ってきた。
 折からも紅葉の季節・・・曇っていたが、楽しめました。
e0045113_204613100.jpg
 長良川に注ぎ込む吉田川、ココは夏には飛び込みの名所にもなるね。

e0045113_2047145.jpg
 その吉田川に注ぐ水路が町中にあり、町の人々の生活に密着している。

e0045113_20484778.jpg
 水路をせき止めた洗い場がいくつもあるし、奥に見える橋は道路の橋ではなく、個人の家から道に出るための橋。こんな橋がいくつも見られる。

e0045113_2051326.jpg
 水をせき止めるやり方もさまざま。水をオーバーフローさせるやり方もさまざまで、水路に沿ってしばらく歩いて楽しんだ。
 郡上八幡は水の都ですねぇ~!!!
[PR]
by crazylovers | 2008-11-14 21:29 | mountains | Comments(4)

福井の山と半島

 先日、タイトルにあげた本を手に入れた。
 昭和60年発行、三訂版・福井の山と半島
 福井大学ワンゲル部OB会の出した福井のガイドブックで、山だけでなく海岸にも詳しいのがうれしい。

e0045113_16194559.jpg

 わたしの大好きな青葉山にはじまり、福井の山と半島、それに海岸部のウォーキングガイドとなっている
 新しく道路ができたり、細かな変化はあるけれど、大凡コレで役に立つ。
 でも、大きく変化したものがあった。
 それは・・・三里浜砂丘
e0045113_1620260.jpg

 福井テクノポートができる前の、三里浜がそこに描かれていた。
 わたしが歩きたかった・・・本当の三里浜。
[PR]
by crazylovers | 2008-11-12 21:12 | books | Comments(6)

シロハラ・白腹

 わたしの仕事場、この秋になって何度も鳥がぶつかっている。
 クロツグミ♂、クロツグミ♀、そして今日はシロハラ♀・・・

 かわいそうなことだが、死んでしまったものは仕方が無い。
 せめてもの供養にと描いてみた。
e0045113_22274144.jpg

 このシロハラ♀も、夜明け頃に薄明かりの中を飛んできて、窓にぶつかったのだろう。
 合掌!!!
[PR]
by crazylovers | 2008-11-12 10:58 | Comments(8)