「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
ろっかくさん、  気象..
by beachcomberjp at 21:03
可愛い飛行機ですね❗今年..
by ろっかく at 20:20
春さん、  神社の軒下..
by beachcomberjp at 15:55
風情がありますね。腐りや..
by 春 at 19:03
とかげさん、  はい、..
by beachcomberjp at 17:51
&oh さん、  は..
by beachcomberjp at 17:49
とかげさん、  やっぱ..
by beachcomberjp at 17:49
三重県の二見浦の夫婦岩の..
by &oh at 10:27
あ!ハスラーだ!!
by しまとかげ at 22:28
石柱がかっこいい!! ..
by しまとかげ at 22:27
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


<   2011年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

積雪期登山・・・著者の秘密?

 昨日アップした積雪季登山、読み進むと生半可なガイドブックじゃないことが分かった。著者の勝田甫(はじむ)さんは、何と東京市立一中を卒業したばかりの昭和10年4月29日、富士山頂からの初滑降に成功された方でした。そんなわけで、実体験に基づいたリアルな挿絵になるわけですね。
e0045113_2126880.jpg


 それにしても、理論的な挿絵だよなぁ~!山のガイドブックに出現したベクトル!!
e0045113_21262395.jpg


 そして、降雪と、それに加わる環境がもたらす雪質の分析、言葉で表現したら、大変なことになるが、この小さな図でいとも簡単に教えてくれる。
e0045113_21314751.jpg


 5章では、危難と救護法に50p近くをさいている。
 
e0045113_2134753.jpg

 それだけではなく、遭難に遭った際の実際を詳しく説き、絶命した場合の後始末・・・検死・荼毘、そして遭難の時の出費は、生死に拘らず一切遭難者の家族で持つという、謝礼・費用という項目まである。

 救援を依頼されたときには・・・を転載する。
 山でのSOSは絶対命令である。そこに幾人かの人間の命が賭けられていることを思えば、当然自分の心の中からの命令として、いかなる差支えがあろうとも、みづからすべてを放棄して進んでそれに力を貸さなくてはならない。これは一般登山者にも山岳部員にも山案内人にも、およそ山へ入る者のすべてにとって共通した大切な道徳精神であって、しかも自発的に快く協力を申し出るようにあるべきものなのである。

 勝田甫さんは、医者でもあった。自宅の医院を継がず、基礎医学の道に入り、伝研、ガン研で数々の業績を残した組織培養の創始者だったそうである。 まさにマルチタレントとは、彼のことを言うのでしょう。

 そして巻頭には、こうある。
 「この本を読まばこの本を捨てよ」‥つまりこの本を読んでもその一字一句に拘泥することなく、さらにその上に立って「自分の山登り」を築いてもらひたいのである。
[PR]
by crazylovers | 2011-08-31 07:15 | books | Comments(8)

積雪期登山

e0045113_9394014.jpg
 このところ、海がメインで山からはずいぶん遠ざかったオレ。この夏、古本屋の均一コーナーで見つけたのが、勝田甫著、積雪期登山。落丁こそ無かったが、ずいぶん痛んだ本なので、迷ったが中の挿絵がステキだったので手に入れた。

e0045113_9413058.jpg
 上に転載した挿絵を見れば分かるように、244ページで図が139とあるわけで、いかに多くの挿絵が入っているかが分かるだろう。


e0045113_9451364.jpg
 この本が出版されたのは何と太平洋戦争中の昭和18年、当時のスキーー板は一枚板を曲げて使っていたようで、材の特徴を見極めてスキーを選ぶことが図解されていました。柾目と板目の特徴や弱点もしっかり図示されていて、さすが!これははっきり言って、言葉では難しいことなので、木工関係の本ならまだしも、「積雪期登山」に載っていたのは驚きでした。


e0045113_9522213.jpg
 そして、戦時下というわけではないのでしょうが、この本では自分で道具を作ることを強く勧めています。ステキな挿絵は著者の勝田甫の手によるもので、この方はよほど器用な方だったのでしょう。


e0045113_955419.jpg
 この本、道具のことにだけ詳しいマニュアル本ではなく、山スキーの実際についても詳しく図解してあります。そんな中でうれしかったのは上の画像です。山スキー登坂時、悪い姿勢の見本ということで、へっぴり腰な挿絵、こんな絵は「ドリトル先生」シリーズにありませんでしたかね?


e0045113_1085441.jpg
 この夏も、多くの本と出会いましたが、勝田甫著、積雪期登山が一番でした。ページの破れ、背割れ、折山の割れ、かがり糸切れ・・・酷い状態でしたが、和紙を使って簡易修理も楽しめました。
 最近はネットでアマゾンをはじめ、古書も入手しやすくなりました。でも、こうした邂逅は古本屋めぐりをしないと、出会えないものですね。
[PR]
by crazylovers | 2011-08-30 08:09 | books | Comments(2)

センニンソウ

 うなぎを喰いに行った若狭の浜、漁港脇に咲き誇っていたのがセンニンソウ!
 センニンソウは、クレマチスなんかと同じ仲間の花。夏の終わりから秋にかけて花開く、夏の終わりを告げる花だよね~!
e0045113_21324774.jpg

 こんなのを見たら、山の萩も見たくなってきたよ~!!
[PR]
by crazylovers | 2011-08-27 21:33 | 植物系 | Comments(4)

安宅関石

 海ブログの方でも紹介したが、小松市にある安宅関付近の海岸は、小さな礫がいっぱいあって、暑かったのですが、久しぶりに小石拾いが楽しめました。
e0045113_23454059.jpg

 左上から時計回りに、白メノウ(カルセドニー)、二重丸石(安山岩)、オルソクォーツアイト(正珪岩)、しましま石(珪質泥岩)。
 素敵な石が多くて、時間を忘れちゃいました。

  おまけ!
 かって、小松市あたりでは、馬を使って浜の砂礫を運び出していたそうです。
e0045113_21464555.jpg

 浜辺の地形に関する、オレの教科書にこの写真がありましたので、転載しました。
 荒巻 孚(あらまきまこと)著、 生きている渚・海岸の科学 三省堂 昭和47年発行
[PR]
by crazylovers | 2011-08-26 20:47 | coasts | Comments(12)

弁慶熱中症

 この夏、富山発掘帰りの道すがら、富山から石川にかけての海岸で遊んだ。
 安宅関といえば、弁慶が有名!看板にもキャラクターとして登場していた。
e0045113_2332258.jpg


 いたる所に弁慶がいて、楽しかったのだが、暑さにヤラれた弁慶発見! 顔面蒼白で、電柱に支えられているなんて!
e0045113_23345138.jpg

 それでも健気に、ハマゴウが繁茂した海浜に突っ立っている!これはまさに熱中症だろう。 
 今はどうしてるのでしょうね? 大丈夫でしょうか? 六角さん、お近くだと思うので、お暇なときに様子を見てきてくださいな。場所は梯川右岸河口部です。
[PR]
by crazylovers | 2011-08-25 21:15 | on the road | Comments(8)

遅咲き!

 晩生とか、いろいろ言い方はありますが、まさに遅咲きのハマユウでした。今年はちょっと遅れて、7月の中旬過ぎに開花したハマユウでしたが、それから一ヶ月以上経ち、見事にこんな実をつけました。でも、まだまだコルク質はできていませんね。
e0045113_18381129.jpg


 今年もいくつか実をつけたので、喜んでいたのですが、よく見たら反対側で開花するやつを発見!ねぼすけだったのか、最近の涼しい気候で出てきたのか、遅咲きなんでしょうね。
e0045113_18403018.jpg

 我が家の庭で、8月後半に咲いたのは、記録モノですよ~!!
[PR]
by crazylovers | 2011-08-24 23:25 | 植物系 | Comments(0)

淡水

 今日は、久々の若狭、その目的の一つは淡水さんのうなぎ。11時過ぎだったが、もう4台も車が停まっていたよ。福井ナンバーが2台に、尾張小牧ナンバー、それに岡崎ナンバーまで!そこへ尾張小牧追加です。(笑)
 いつもの「並」を注文したら、20分ほどして皆さんのテーブルに運ばれてきた。きっと一気にうなぎを焼いたのだろうね。
e0045113_23212257.jpg

 久しぶりの淡水さん、混みすぎていないときのお味は、美味しゅうございました。


 さて、せっかく若狭まで来たので、いっちょうkinさんの庭を荒らしてやろうかと出かけたら、しっかり金のバリケードがまだありましたよ。
 水晶浜、ダイヤ浜、バリケードは、金1000円です!
e0045113_232844100.jpg


 やっぱりね。でも、ここは無いだろう!と思って向かった先、あの「もんじゅ」の門前・白木でもバリケードは、金1000円です!
e0045113_2330322.jpg


 いやぁ、このあたり、原発の見える海水浴場は、どこに行っても、金、金、金! これじゃぁ、ビーチコーマー撃退されちゃいます。 kinさんが歩く気を無くされるのが分かりますね。

 こないだ行ってきた、富山、石川の海水浴場はどこもバリケードが無かったものですから・・・(笑)
[PR]
by crazylovers | 2011-08-23 23:35 | on the road | Comments(10)

しまとかげ発見!

 こないだ出かけた先で、かわいいとかげ発見! 尻尾が青く光る例のヤツだ。この尻尾をつまむと、トカゲは尻尾を切り落として逃げちゃうんだよね。かわいそうだったから、尻尾はつままずに、写真だけ撮っておきました。
e0045113_024354.jpg

 撮ったときには気づかなかったけど、トカゲの胴体って、縦縞なんだ!こりゃ、しまとかげだ。
[PR]
by crazylovers | 2011-08-20 23:40 | on the road | Comments(13)

科博@富山市・3

 富山の科博紹介、ラストは気に入ったハンズ・オン展示の一例です。
 勝手にカモシカボックスと名づけたのがコレ!この中にはカモシカ関連の展示が入っており、引き出しを開けて中身を楽しめるものです。
e0045113_13353372.jpg


 一段目の引き出し!
e0045113_13363824.jpg

 
 二段目の引き出し!
e0045113_13371359.jpg


 三段目の引き出し!
e0045113_13373097.jpg


 四段目の引き出し!
e0045113_13374362.jpg


 頭部の骨格から始まって、最後は食事痕というフィールドサインで締めくくられました。
 リニューアルした富山の科博は、こうしたハンズオン展示を随所に取り入れています。そしてもちろん発掘された恐竜化石の展示もありますので、富山に来られたらぜひどうぞ。
[PR]
by crazylovers | 2011-08-19 11:41 | Museum | Comments(8)

科博@富山市・2

 さて、今回は富山の科博から、海関連の常設展示を紹介しましょう。前回紹介したクジラの大きな骨格があり、海の深さごとに、剥製などの展示があります。

 まずは、深い部分のある富山湾の深海展示です。
e0045113_13241852.jpg


 次には富山湾の中層部の展示です。
e0045113_13252227.jpg


 そして、実物をキレイにレイアウトした普通種の貝コーナー。こうした実物展示は、打ち上げ標本を初心者が見比べるのにはもってこいですね。
e0045113_13265992.jpg


 オレが一番気に入ったのは、これ!アオウミガメの骨格標本です。ウミガメの骨格は、このように腹甲面から見ると、とても特徴がつかみやすいのです。そして「撮ってくれ~!」とばかりの見事なライティングがしてありました。
e0045113_13294239.jpg

 オレのカメラの腕が良いのはもちろんですが、このライティングは素敵!!コンデジでこれだけに撮れちゃいますから。
 富山に行かれたら、ぜひ科博を見てきてくださいね。
[PR]
by crazylovers | 2011-08-17 21:48 | Museum | Comments(4)