excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
初めまして。TBSテレビ..
by 吉行 at 17:58
kasekibunot..
by beachcomberjp at 22:03
うわあ、、、 つっこみ..
by kasekibunotiti at 18:31
ありがとうございます!
by のら at 20:15
そうなんですね!宮崎にも..
by mmerian at 21:40
mmerianさん、ごめ..
by のら at 21:36
のらさんのコレクション、..
by mmerian at 21:31
応援ありがとございます。..
by のら at 19:27
のらさん、  北海道で..
by beachcomberjp at 19:11
ありがとうございます。会..
by のら at 09:22
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


<   2013年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

梅雨空の下・・・1時間後!

 ブラックベリーの花を写したのが、夕方18時頃。
 それをアップして窓の外を見たら、雲が赤いんだよ~!!
 ビックリして撮った一枚がコレ!
e0045113_22291523.jpg


 カメラのホワイトバランスはオート!壊れたかと思って、WB太陽光にしても同じ!
e0045113_22303541.jpg


 赤いフィルターを通してみたかの様な風景!
e0045113_22313525.jpg

 何とも不気味な夕景でしたが、皆さんの地域ではいかが~???
[PR]
by crazylovers | 2013-05-30 22:33 | ご近所 | Comments(6)

梅雨空の下

 うちの庭では、縁に植えておいたブラックベリーの花が咲き、一部の実は膨らんできました。
e0045113_18465371.jpg

 ブラックベリーはつる性で、あっという間につるを伸ばし、あちこち絡み付いては広がっていきますが、大本の根元から伸びるつるが、ちょっと弱った感じ。真っ黒な実になるまでには、しばらく時間がかかりそうです。
[PR]
by crazylovers | 2013-05-30 18:50 | 植物系 | Comments(2)

For the Children 子どもたちのために

 スナイダーさんの本が出ました。
 タイトルは、For the Children 子どもたちのために
e0045113_19455165.jpg


 これは書き下ろしではなく、これまでのスナイダーさんの著作の中から、山里勝己さんがピックアップし、それにアウトドア関連の写真家・高野建三さんの写真を満載したもの。
 今の時代にあわせた編集がされており、分かりやすい著作です。
 どこかで見かけられたら、ぜひどうぞ。
[PR]
by crazylovers | 2013-05-29 19:50 | books | Comments(0)

キリンラーメン

 タイトルにあるキリンラーメンって、ご存知ですか?

 知ってる人は知っている、知らない人は知らない(当たり前!)って言う、愛知県のご当地インスタントラーメンの一つなのです。
e0045113_2026519.jpg


 知り合いから質問があったので、ついでに載せちゃうのですが、これは碧南あたりで作られ、インパクトのあるパッケージが知られています。味の方はいたってインパクトも弱く、ふつうの地味なラーメン。逆に言えば飽きない味とでもいいましょうか。(笑)

 ただ、この大袋、ふつうなら5食なんですが、6食入り!コレが一番の特色でしょうか?
 ちなみにこの会社、最近では、カピバラーメン、ペンギンラーメンなども売り出しているもよう・・・どんな味(意味?)なんでしょうかね??




 
[PR]
by crazylovers | 2013-05-27 20:32 | foods | Comments(6)

そろそろ・・・おしまい

 我が家のラベンダー、まだまだ花が見られるな~!って思っていたが、そろそろおしまいのようだ。
e0045113_17485741.jpg

 一時は、ミツバチで賑わっていたのに、今日は誰も寄ってこない・・・そして香りもほとんど飛んでしまったようだ。お次は何が咲いてくれるのかな?
[PR]
by crazylovers | 2013-05-26 17:50 | 植物系 | Comments(0)

樹皮のたのしみ!

 タイトルの「樹皮のたのしみ」なんて、一体何だろうと思われた方も多いかもしれません。

 登山道を歩くと葉っぱなどは見えなくとも、樹皮だけで識別できるものがあります。先日敦賀の蠑螺ヶ岳に上った際も標高500mあたりから増えてくるこの樹皮を楽しみました。
e0045113_18475828.jpg


 昔々、オレもよく山に行っていた頃、薄暗くなった山道でライトをつけて歩いていて、この幹を見たとき、樹皮のイメージや太さから象の脚を連想しました。そんなことを思い始めたら、何か象の群れの中を進んでいくような錯覚を覚えたり・・・(笑)
e0045113_18514410.jpg

 
 でも、そんなことを思っていたのはオレ一人ではないことを後になって知りました。古本屋で入手した串田孫一さんの博物誌の中に、やはりこの幹を象に例えたくだりがあったのですよ。それ以来、オレは串田孫一さんが大好きになりました。
e0045113_18545869.jpg


 山好きの方なら、もうこの木が何だかおわかりですね。はい、ブナです。雪の深い北陸では、そんなに標高の高くないこんな場所にも生えており、秋から冬にかけて、川を下ってきた殻斗が汀線に打ち上げられます。
[PR]
by crazylovers | 2013-05-24 18:58 | mountains | Comments(2)

ジャケツイバラは花盛り!

 この時季、ジャケツイバラはどこでも花盛り!黄色い花を咲かせるマメ科のジャケツイバラ、浜辺で見かける花です。

 コレは渥美半島・田原市のジャケツイバラ、浜の後背地にあって、蜂が蜜を求めて飛び交っていました。
e0045113_17573058.jpg


 こちらは福井県敦賀市の敦賀半島にある大群落!こんなブッシュには誰も入っていくことはできません。
e0045113_17594166.jpg


 春先には、このようにまだ鞘にくっついたままの種子も見られます。
e0045113_181344.jpg


 ジャケツイバラって、シロツブやハスノミカズラと同じ仲間なんですよ。
[PR]
by crazylovers | 2013-05-23 19:01 | 植物系 | Comments(4)

赤い花

 折からの花の季節、蠑螺ヶ岳に登ったときに数枚の花の写真を撮りました。
 とりあえず、図鑑などを見て名前を書いておきましたが、植物不案内ゆえ、間違っていたらぜひ教えてください。

 たぶん・・・ミツバツツジ
e0045113_19224129.jpg


 きっとタニウツギ
e0045113_1923575.jpg


 サラサドウダン・・・と言うことにしておこう。
e0045113_19244872.jpg


 蠑螺ヶ岳を歩いて思ったのは、石楠花類が見当たらないということ。ここには無いのか、オレが見逃しているだけなのか・・・(笑)(笑)
[PR]
by crazylovers | 2013-05-21 19:00 | 植物系 | Comments(2)

白い花

 折からの花の季節、蠑螺ヶ岳に登ったときに数枚の花の写真を撮りました。
 とりあえず、図鑑などを見て名前を書いておきましたが、植物不案内ゆえ、間違っていたらぜひ教えてください。

 きっと・・・ツクバネウツギ
e0045113_1810562.jpg

 中にありんこが入っていたよ。
e0045113_18114917.jpg


 白い糸くずのような花を咲かせていたのは、たぶん・・・マルバアオダモ
e0045113_18144429.jpg

 青空がバックに来るとキレイだね。
e0045113_18151886.jpg


 トキワイカリソウ・・・と言うことにしておこう。
e0045113_181742.jpg


 トリガタハンショウヅル・・・だろうなぁ~!
e0045113_18181410.jpg

 ツル性で、釣鐘型の花だよね。
e0045113_181857100.jpg




 この時季、どこの山に行っても花盛り!みなさんもお休みに行かれてはいかが?
[PR]
by crazylovers | 2013-05-20 19:00 | 植物系 | Comments(2)

浦底~蠑螺

 浦底~蠑螺という字面から皆さんは何を想像されますか? 浦底とは、海の底、そして蠑螺はもちろん巻貝のサザエですよね。でも、今日は山登りのお話!(笑)
 福井県敦賀半島にある登山ルートでよく知られているのは西方ヶ岳~蠑螺ヶ岳の縦走ルートで、ネットなどでもいくつか出ています。でも、ビーチコーマーのオレとしては、出発・帰着地を浦底にしたかったので、昨日は浦底~蠑螺ヶ岳の往復ルートを選びました。(笑)写真は敦賀市五幡からのもの。
e0045113_13372573.jpg


 敦賀半島の東側を走り裏底へ!林道脇に車を止めここからスタートです。蠑螺ヶ岳は標高685mと言われていますので登山口の標高60mをマイナスしても一気の登りになりそう。
e0045113_1117617.jpg


 登りはじめたところで、マゼンタの上着に黒のスパッツで決めた「山ガール」が降りて着ました。こりゃ幸先いいわ~!と挨拶したら、何と男!!ガ・ガ~ン(笑) それにしても、お天気が良かったせいもあって20人ほどの登山者に出会いました。蠑螺ヶ岳は花崗岩の山なので、表面は崩れたマサと呼ばれる砂利に落ち葉が乗って滑りやすい!ロープを渡した場所も数箇所あってけっこう大変です。
e0045113_11391291.jpg


 今回の目的の一つには、山から海を見下ろすコト!そんなわけで樹林ごしに海を見ながら上っていきます。そして標高265mほどの展望場所からは、もう眼下に水島が眺めちゃいました。あぁ、もうこれで戻っていいかも・・・って思っちゃいましたわ。(笑)
e0045113_11494887.jpg


 この水島は、海水浴場で、7~8月の夏場にだけ渡し舟も出て賑わう場所。まだ誰もいませんでしたよ。
 こんなにキレイな色に見えるのも、このあたり全体が花崗岩質で、それが分解してできた白砂があるからなんですよね。
e0045113_11514579.jpg


 この後も展望できる場所はいくつかあります。そして休憩ポイントは標高525mの長命水!谷川の水なので大して期待していませんでしたが、口に含めば甘い!おいしい水でした。でも残念ながら枯れているときもあるそうです。
e0045113_11592772.jpg


 長命水で一息ついて頑張れば、スグ上の標高630mにある一枚岩は展望が良く敦賀湾が一望できます。ちょうど登山者がみえたので一枚お願いしちゃいました。
e0045113_125724.jpg


 さあ、ここまでくれば、もうひと踏ん張り!一枚岩から蠑螺ヶ岳山頂まではコルの連続ですが、大したことありません。何とか到着です。ここまで標高を測ってきたのはスントの腕時計ベクター、ビーチコーミングでは方位をしっかり測れるので愛用していますが、高度計も大したものです。
e0045113_12125518.jpg


 山頂で軽い食事をして、これからは面倒な下りです。(笑)コルから見た蠑螺ヶ岳がこれ。やや左側にある山頂ですね。
e0045113_12183352.jpg


 蠑螺ヶ岳は700mにも満たない低山ですが、花崗岩のボルダーがあちこちにあるので、アルペン的なけしきになっていいですね~!!
e0045113_12212015.jpg


 バカなオレは調子こいて、花崗岩のスリットに足を突っ込んで歩いていたら、靴をとられちゃいました・・・(笑)(笑)
e0045113_12222849.jpg


 長命水よりも上では雪が深いようで、立ち木には数多くアテが見られました。斜面で生える樹木もなかなか大変ですね。下りでも長命水で休憩しました。空になったペットボトルに長命水を詰めて土産にしました。家でコレを使ってコーヒーいれたらメッチャ美味しかったです。
e0045113_12265477.jpg


 帰り道では、行きには見えなかったモノが見えてきますね。行きは敦賀湾ばかり見ていましたが、帰り道では敦賀原発が見え隠れ・・・なんだか隠れて悪いことをする子供をイメージしちゃいました。(笑)
e0045113_12305169.jpg


 さて、帰り道は花を見ながら、のんびりと降りてきたので、10人以上のオレよりずっと年配の方に先を越されちゃいました。でも、この看板が見えたら、そろそろ終点です。
e0045113_12404498.jpg


 ビーチコーマーのオレなので、山頂から見えた浜で蠑螺ヶ岳を確認した。山頂から見えた西側で最も近いのは美浜の松原、そんなわけで松原からの蠑螺ヶ岳。西方ヶ岳の稜線の向こうにちょこっと見えてます。
e0045113_13192222.jpg

 
 久しぶりの低山歩き、大きな標高差の直登もあって、翌日はちょっこし筋肉痛・・・(笑)
 でも、じじいに近づいてきたので、ドッと疲れが出るのは何日目かな??
 浦底~蠑螺ヶ岳往復、無事終了しその後は水晶浜あたりをみてきましたが、若い人の多いこと!やはり若者は海のほうが好きなのかな~?
[PR]
by crazylovers | 2013-05-19 12:48 | mountains | Comments(16)