excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


<   2014年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

みえむ・漂着関連展示!

 先週末に見てきたみえむですが、ちょこっと漂着関連の展示もありました。
e0045113_1840681.jpg

 海岸線の続く三重県ですから、漂着物はかなりあるはずです。以前鳥羽にある海の博物館で学会が開かれたときにはみんなで歩きましたが、やはり漂着種子は目立っていました。展示してあった漂着物はココヤシにサキシマスオウだけでした。
e0045113_18434735.jpg

 あとハマボウなどの開花模型もありましたよ。
e0045113_1845635.jpg

 三重県は、これまでにオウムガイやトグロコウイカなどの漂着も報告されていますし、せっかくこうしたコーナーがあるので、もう少し展示内容を深めて欲しいですね。これからの進化に期待しましょう。改善の余地はイッパイありそうですから。
[PR]
by crazylovers | 2014-05-30 18:47 | Museum | Comments(2)

鉄分補給?

 久しぶりに近鉄に乗りました。
 JRさえもあまり乗らないのに、近鉄を最後に乗ったのは特急で鶴橋から名古屋まで!さて、今回は急行に乗りました。
e0045113_18431169.jpg

 急行と言えども、特急列車待ちで、よく停まりました。そんな時気になったのが、客車の連結部分にある恐竜の歯のようなモノ!
e0045113_18452684.jpg

 噛まれたら、痛そうなんですが、あちこちにありました。
e0045113_18462598.jpg

 まさかこんな連結部分に飛び乗る人がいて、その予防なんでしょうか?こりゃHOBOの大敵だね。
e0045113_18471835.jpg

 オレは鉄男ではないので、鉄分補給・・・ってのは必要ありませんが、久しぶりに乗るとつい撮ってしまいますね。
 さて、近鉄に乗って一つ驚いたことがありました。途中車内改札がありました。マナカという中部地方のICカードを利用して乗ったのですが、どうするのかな?と楽しみにしていました。普通の切符は印面を見るだけです。車掌さんは受け取ったマナカを端末に乗せると乗車駅が表示されるようで、「名古屋からですね!」と一声!世の中、知らないうちに進んですなぁ・・・(笑)
[PR]
by crazylovers | 2014-05-29 18:53 | on the road | Comments(0)

みえむのつづき!

 昨日に引き続き、みえむの紹介です。

 オレが気に入った展示は、やはり地元の地形からの成り立ちを示した安濃津湊のジオラマ。伊勢湾西中央部に広がったラグーンにできた湊の時代変遷を示したものです。
e0045113_2029918.jpg

 右端は室町時代のラグーンを活用したもの、中央は津城下に広がる江戸の町並み、左の白っぽものは現代の津。この日は博物館あたりから海までを歩きましたので、このジオラマが体感できました。

 そして伊勢参りで知られた三重県なので、ちょっとアシを伸ばし、二見ヶ浦を描いた浮世絵もありました。
e0045113_20335110.jpg


 それから昔はこんな貝殻細工も盛んだったそうです。最近は観光地へ行ってもこうしたモノは見かけなくなりましたね。
e0045113_2035531.jpg


 昨日も書きましたが、残念なのは常設展示の狭さ!総合博物館と言うことで、自然史から歴史、民俗まであれもこれも・・・! もっと広ければ総合博物館も良いのでしょうが、これではコンビニ博物館になっちゃいます。
[PR]
by crazylovers | 2014-05-28 18:00 | Museum | Comments(0)

みえむにいってきた!

 この4月にオープンしたみえむ・三重県総合博物館にいってきました。津の駅から坂道(登り)歩いて25分ほど!
e0045113_23114677.jpg

 常設展示の入場料は510円、あ・めんどくさ、お役所仕事やね。500円にしとけばいいのに!
 階段上がって2Fがエントランス。チケット求めて中に入れば、狭っつ!土曜で子供が多いものだから人に触れぬように歩くの必死!子供がいなくなったところを見計らってミエゾウ!
e0045113_23154256.jpg

 展示物の撮影はほとんどOKですが、人が入らないように待っていると、かなり時間を喰います。よさそうなジオラマ・・・まだできたてだからね。
e0045113_2318178.jpg

 頭骨と剥製とのコラボ!
e0045113_2318562.jpg

 海中から見上げたボラ!
e0045113_23205813.jpg

 ちょっと残念なアカウミガメ!
e0045113_2322497.jpg

 今日紹介したのは自然系の一部です。最近博物館のリニューアルは各地で行われ、展示も良くなってきました。みえむも良い展示がいくつかありましたが、何せ狭い!駐車場は広くてよさそうですが、展示室の狭苦しさがいけません。そしてリピターを呼び込む工夫がもっと必要でしょう。よほどステキな特別展でもない限り、オレはもうこれで十分!って気がしました。
[PR]
by crazylovers | 2014-05-27 18:09 | Museum | Comments(2)

どこに行っても、うなぎ!

 どこか知らない街へ行ったり、久しぶりに行く街で気になるのは、飯は何にしようかと言うこと。
 「これがオススメ!」と言われるものが無い場合、キホンはうなぎ屋へ向かう。時間があればネットでチェックすることも・・・ただこれはやはりネットよりも場数を踏んだ店の雰囲気選びでしょう。後はリアルな口コミ!
 津の美術館へ行ってきたのだが、駅から出たら、すぐ目の前にうなぎ屋!
e0045113_22211727.jpg

 美術館などを見て、その道すがら気になるお店もあったが、やはりこの店に吸い寄せられた。
e0045113_2224274.jpg

 壁にかかった黒板がメニュー、店の作りもこの値段も、何とも庶民的!
e0045113_22233461.jpg

 注文したのは、うな丼の中、1750円(税込み)。三切れうなぎがのっていました。たれはちょっと甘めのこって理系。肝吸いもあってこの値段は◎良心的と思います。そして肝も焼いてあるのは◎、ただたれがつゆだくだったのは△ですね。総合では○でしょうね。
[PR]
by crazylovers | 2014-05-26 18:00 | foods | Comments(4)

福田豊四郎展@三重県立美術館

 みなさん秋田生まれの日本画家福田豊四郎さんをご存知だろうか?1904年に生まれ1970年に亡くなっているが、あまり知られていないのが残念なこと。2004年には秋田で生誕100年展があったが、行くことはかなわなかった。そして生誕110年になる今年、三重県津市にある三重県立博物館で5月20日から福田豊四郎展が始まったので、大喜びで行ってきました。
 電車に揺られて1時間半・・・津で降りた後、西口から護国神社脇を真っ直ぐ進めば美術館、緑の多い歩道はいいなぁ~!
e0045113_1013285.jpg

 郷土色豊かな彼の画は、あたりに描かれている植物など、その場所に即したもので。細かな目で見てもうれしくなるばかり。ポスターにもなっている《六月の森》ではトチを中心にして、季節感あふれる自然描写がひきつけます。
e0045113_10194080.jpg

 彼にはこうした叙情的な描写だけではなく、キュビズムの影響を受けた画もあり、《八郎潟凍漁》や《濤》では荒々しい表現ですが、彼なりの工夫など見られ、オレのもっとも好きな屛風画です。
e0045113_10243579.jpg
この《濤》では下地に銀箔を貼り、その上から描く中で、バックにある雲が立った目線から、座った目線に代わったとき、輝くように表されています。展示でも、床から少し高い位置にあるため、立って見た画と、しゃがんで見た画では違いが出てきます。

 会期は2014年5月20日から6月29日まで。そんなに遠くない場所にお住まいなら、ぜひぜひ見ていただきたい福田豊四郎展です。 まだ始まったばかりだったせいでしょうか、オレが行った24日土曜の11時から12時にかけては、ほぼ独占状態!オレにとっては最高の鑑賞条件でしたが、もっと多くの人に見てほしいですね。

 後半の6月11日からは一部作品が入れ替えとのことで、オレは再訪したいと思っています。大ちゃん、一緒に行く??(笑)

 展覧会では写真撮影は許可されていませんでしたので、ポスターと図録から拝借!宣伝のために勝手に使ってますが、問題があればお知らせください。
[PR]
by crazylovers | 2014-05-25 10:39 | Museum | Comments(0)

そろそろ麦秋!

 浜辺で盛んに咲いていたコウボウムギの穂も落ち着いたようですが、そろそろ福井では本物の麦秋が始まりそうです。福井って、実は六条大麦野日本最大の産地で、国内産の3割以上をしめています。(H24 )
e0045113_1847965.jpg

 福井平野や坂井平野だけではなく、若狭でも麦畑が見られます。
e0045113_18481224.jpg

 目にも爽やかな、麦秋直前の若狭地方、浜に漂着物は減ってきますが、海浜植物をはじめ興味深いものはイッパイですね。
[PR]
by crazylovers | 2014-05-22 18:50 | 植物系 | Comments(6)

頂き物で昼食!

 昨日は表浜まるごと博物館の記念イヴェントで、豊橋におりました。そして頂いてきたナスとシークワサーが今日の昼食になりました。

 一足早いハウスもののナス、味はどうか?とも思ったのですが、とりたてで美味しかった!早速オリーブオイルで炒めてパスタのソースになりましたよ。
e0045113_1857090.jpg


 さて、シークワサーは、半分に切りレモン絞りを使ってジュースにしました。
e0045113_18592541.jpg


 でも小さなグラスにこれだけ作るのに使ったシークワサーの量は・・・後ろに控えています。(笑)
 腹いっぱい昼食をとり、ゴロン・・・と横になったら寝てしまい、目が覚めたら日が落ちそうな時間でした。(笑)(笑)
[PR]
by crazylovers | 2014-05-18 19:00 | foods | Comments(4)

南斜面!

 福井の北斜面に咲くジャケツイバラを紹介しましたが、こんどは常春の渥美半島(愛知)、海を見下ろす南斜面のジャケツイバラです。

 ちょっこし遅いのか、他の潅木に埋もれていて花が見つかりません。ブッシュに分け入ること5分!北側に向いた小枝に花の名残をやっと見つけました。(笑)
e0045113_1016496.jpg

 オレが見つけられたのはこれだけ。ここは大きな群落ではないので、スグに隠れてしまいますね。
[PR]
by crazylovers | 2014-05-18 10:17 | 植物系 | Comments(0)

北斜面!

 このごろ、気温差が激しくて、何だか疲れ気味・・・まぁ歳のせいもあるのね。(笑)
 さて、今日は植物のお話で、マメ科のジャケツイバラです。さて、今の時期ジャケツイバラの黄色い花は盛りでしょうか?それとも、もう盛りを過ぎていますか?

 南斜面では盛りでしたが、北斜面はまだまだでした。
 何せ海に面する崖の上ですからね。
e0045113_21415956.jpg

 やっとこさ一番下が開き始めていました。
e0045113_21424597.jpg

 今週末あたりには上のほうまで咲いていそうです。 
 ただ、こいつの棘はすごくて、バラなんてヘみたいなもんです。
 近寄る際には、気をつけてくださいね。
 怪我もしますし、服は破れます。
 決して、オレみたいにゴアテックスのジャケットで近づかないでよ。
[PR]
by crazylovers | 2014-05-16 21:45 | 植物系 | Comments(0)