excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
とかげさん、  ありが..
by beachcomberjp at 10:40
かっこいい!! いいな..
by しまとかげ at 21:56
kasekibunot..
by beachcomberjp at 16:35
サドルがすごく高く見えま..
by kasekibunotiti at 12:01
kasekibunot..
by beachcomberjp at 18:13
いいなあ、空の旅! ..
by kasekibunotiti at 12:28
ろっかくさん、  気象..
by beachcomberjp at 21:03
可愛い飛行機ですね❗今年..
by ろっかく at 20:20
春さん、  神社の軒下..
by beachcomberjp at 15:55
風情がありますね。腐りや..
by 春 at 19:03
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


<   2014年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

みなさんありがとう!

 ちょっこし秋っぽくなった名古屋ですが、いまだに気温は30度近くあり、夏日が続いてます。
 でも、夕暮れ時には涼しい風が吹き出し、いったん横になると、もう起きられない・・・まさに布団が美味しい季節です。

 まぁ、秋は何でも美味しい季節・・・そんなワケでもないのでしょうが、友人やらがイロイロな地のモノを送ってくれて、そんなものに囲まれてシアワセ・・・(笑)
 
 先週は富山から天然モノの舞茸が届きました。天ぷらにしたら絶品!そして半分は茸飯にしたのですが、こっちも市販のものとは全く違う、薫り高いマイタケ!!見つけたら、舞い上がってしまうと言われる舞茸だけのことありました。

 そして今週になり、北海道からはヤマブドウが届きました。そんなわけで早速手仕事ですわ。
e0045113_2129372.jpg

 今回の山葡萄は二つに分けてみました。一つはパンを焼くための酵母です。消毒した壜の中で皮ごと潰して、三温糖を加えて発酵させ、野生酵母を培養します。
 右の壜は山葡萄ソース、山葡萄を丸ごと煮詰め、それを漉して糖分を加えたソース。これをバニラアイスにかけると絶品ですよ。もちろんちゃんとしたアイスを選ばなきゃね。

 オレがこうした野山の糧を好むのを知っていて、わざわざ送っていただけます。皆さんありがとう、美味しく頂いています。これからもお待ちしています。(笑)
[PR]
by crazylovers | 2014-09-30 21:34 | foods | Comments(2)

伊良湖岬バーディング事情2014

 今日も暑かったですね。オレの体感では名古屋32℃でしたが、気象台の観測値は30度だったそうです。

 昨日は御嶽山の噴火がありましたが、帰宅するまで知りませんでした。昨日は伊良湖岬に行っていました。もちろんビーチコーミングで、バードウォッチングじゃないですよ。昔はまじめに双眼鏡で鳥を見ていたこともありましたが、バードウォッチングじゃなくて、バーディングなんです。もちろん、バンディングじゃ無いっす!(笑)

 さて、秋の伊良湖岬は全国から鳥の好きな人が集まりますよね。一時、バカみたいに人が押し寄せ恋路ヶ浜のPが溢れるほどの時もありましたが今はそんなコト無いですね。
 秋のこの時期、渡り鳥のサシバの南に帰るルートになるのが知られ、人が集まるようになったのです。
e0045113_2134291.jpg


 天気の良い日には、渥美半島に沿って南下してきたサシバが、有視界飛行で神島上空を飛び越して伊勢湾を渡り、鳥羽方面へ消えていくのを見ることができます。
 サシバは、今では知られていますが、蛇やカエルなんかを捕まえる鷲や鷹の仲間ですね。コンデジでは飛んでいるところ、こんなもんしか写りません。(笑)
e0045113_2139279.jpg


 さて、恋路ヶ浜のPは風物詩にもなった望遠鏡や超望遠レンズの砲列ができますが、幾分少なくなったでしょうかね?レンズの先がてんでバラバラな方向向いているのは、鳥が来ていない証拠!(笑)
e0045113_21414624.jpg


 そしてもう一つ思うのはバードウォッチャーの高齢化!自分のコトもあるし、漂着物学会もそうなんですが、目立つのは年寄りばかり・・・それも野郎ばかり。定年後のおヒマなみなさん・・・ばかりでしょうかね?
e0045113_21453391.jpg


 昔はもっと若い連中(オレも若かったし!)がイッパイウロウロしていたような記憶がありますが、今はこんなもんでしょうかね?
 いかめしいレンズで空を仰ぐ・・・早い者勝ちの和名の羅列(笑)・・・こうしたスタイルのバードウォッチングが若い世代に受け継がれるのでしょうか?

 ちなみにオレは、双眼鏡や望遠鏡を使わなくなりました。もちろんニコンやプロミナ持ってはいますが、宝の持ち腐れ状態・・・(笑)だって肉眼でも良く見えるし、鳥が逃げませんから。(笑)
e0045113_21523651.jpg


 恋路ヶ浜を歩けば、のんびり羽を乾かすカワウの群れ!(ウミウはこうして群れて砂浜に降りることはまず無いでしょう) カワウは大きな鳥なので目立ちますが、オレがカワウに気づいたのはカワウの臭い!煤けたような油臭い独特なにおいは、風下にいればピンと来ます。
e0045113_21563117.jpg


 そして、わざと近寄れば、めんどくさそうにヨタヨタと砂浜を蹴り、脇を飛び去りますが、着陸は20mほど向こう!(笑)

 今は鳥が入れ替わる時期です。南へ渡る鳥たちが、無事に帰りまた来年戻ってきてくれるのが楽しみ、そして北からやってくる鳥たちが冬場は楽しませてくれるでしょう。

 きっと次の週末もお天気が良ければこうした砲列が空を向いてるでしょうね。
[PR]
by crazylovers | 2014-09-28 22:00 | とり | Comments(8)

図説 古代服飾文化史

 ちょっとくたぶれていたので、遠出をせず名古屋の古本屋に行ってきた。
 きっと持ち主が亡くなったのだろう、昭和30年代の服飾関係の本がわんさか出ていました。最近このように亡くなったあとの処分で様々な分野の古書が一気に出回ることもあります。そうなると、ずっと探していた本が一度に手に入ったり、あんなに探して見つから無かった本が2冊も出てるの!なんてこともあります。

 ちなみにタイトルの図説・古代服飾文化史は探していた本ではありません。 古そうなモノだったので手に取ったら、この著者印がカッコ良かったのです。著者は石山彰さん。
e0045113_1838681.jpg

 今って、こうしたモノ見られませんね。

 さて、ほんの中身は、先史時代から始まり、エジプト、メソポタミア、ギリシャ、そしてローマ時代までの服飾史です。これがテキストばかりなら求めませんが、図説とあるようにイラストが極めて多かったので求めました。
e0045113_1841764.jpg


 そんなイラストのサンプルを一つ。これは古代エジプト女性の服装の一例、チュニックぽいのが主流ですが、多くが、おっぱいぽろりん!!もちろん、ローブやショールもありますが、露出度高し!

 1956年7月10日の発行でした。
[PR]
by crazylovers | 2014-09-23 18:48 | books | Comments(8)

秋晴れ!

e0045113_16104772.jpg

 今日の名古屋は久しぶりに暑かった!気温のチェックはしていませんが、最高気温は30度近かったのでは?
 朝方は、こんなに暑くなると思わず、長袖を羽織って出かけましたが、あぢあぢでした。
 
 真っ青な秋空に赤いアメリカデイゴの花が映えて、キレイでした!今週は台風が到来とか、ちょっと気になりますね。
[PR]
by crazylovers | 2014-09-22 17:09 | ご近所 | Comments(2)

初秋の夕焼け

 今日の名古屋、一日青空が出て、夕方から雲が少し出ました。
 昨日の疲れか、午前中は寝たり起きたり・・・グズグズしていましたが、3時頃からエンジンがかかり、ヘッジトリマーを取り出し、庭木の剪定と庭掃除をしました。
 掃除におよそ3時間かかり、やっと終わりに近づいた頃、空がピンクに輝きました。
e0045113_21371570.jpg


 色温度の下がった太陽光が雲に射し、何ともいえぬ美しい光景!片付けの手を止めてカメラを握りました。
e0045113_21392989.jpg


 そして片づけが終わった頃には大きな雲は流れ去り、こんな欠片が残っていただけでした。
e0045113_2141721.jpg


 時間とともに変化する形と色!秋の夕焼け雲は見ていて飽きませんね。
[PR]
by crazylovers | 2014-09-14 21:42 | Comments(4)

遅咲き!

 今日の昼間は、めっちゃ暑かった~!空気は乾いていましたが、33度近くまで行っただろうか?
 でも、やはり9月、夕暮れ時には涼しい風が吹き始め、今はもう26度ほど。過ごしやすい夕暮れ時です。

 そんな夕方、庭の片隅に遅咲きの一輪を発見!
e0045113_18381433.jpg


 今年3度目の開花を迎えたハマナスです。もう最初の実は落ち、二度目の実も真っ赤に色づいていますが、嬉しいマゼンタを見せてくれました。

 ありがとうね、ハマナス!!
[PR]
by crazylovers | 2014-09-09 18:39 | 植物系 | Comments(2)

雲が切れて・・・

 中秋の名月の今日、午前中は雲が低く垂れ込め、もう見られないと諦めていました。

 午後になり、日が差すこともありましたが、雲は切れず、日没後も雲の向こうにお月様!

 かなり諦め気分でしたが、今年の春に手に入れたPanasonicの中古デジカメFZ18だけはよういしておきました。露出もマニュアル!ピントもマニュアル!

 何と8時前に乾いた空気が入ってきて、雲が切れました。
e0045113_20183947.jpg


 もちろん、NikkorED600mmにはかないませんが、中古コンデジでこれだけ撮れたら、十二分と言う気がします。もちろん、月の立体感はニコンの圧勝ですけど、2500円の中古デジカメ恐るべし!(笑)(笑)

 やはり比較したなら、文字だけではなく実物で・・・NikkorED600mmなら、これです。
e0045113_21325179.jpg


 言うまでもありませんね。ライカのバリオ・エルマーよりもニッコールの圧勝ですね。(笑)
[PR]
by crazylovers | 2014-09-08 20:21 | ご近所 | Comments(0)

今季の予報!


 気象庁は長期予報やら、いろいろやってくれるが、漂流物情報ってのは海上保安本部が出してくれてます。でもね、オレの好きな漂流物じゃなく、根っこつきの巨大な流木など、航行の妨げになるモノなどがあった場合ね。もちろん予報も出ません。

 でも、海上保安本部は、海水温や海流図など様々な情報を提供してくれます。オレが特に気にしているのは全国の海流図、これを見ればその年の傾向がかなりつかめます。

 今季の漂流物を予報する前に、近年の様子を見てみましょう。


 まずは2012年
e0045113_2202298.jpg
 この年は黒潮が日本列島に沿う形で流れ、折から東南アジア諸国で水禍があり、地表が洗い流され、50年に一度と言うほどの漂着物が多かった年です。


 次は去年の2013年
e0045113_2235164.jpg
 黒潮は大きく愛知県を離れ、大きく蛇行しました。これによって漂着物は激減した渥美半島となりました。


 そして今年、2014年
e0045113_229347.jpg
 2013年のように大きく蛇行することも無く、やや2012年に似ていますが、ここ数日、やや蛇行傾向が強まりそう・・・台風も来ているようですが、どんなもんでしょう??

 今季の予報は、2012年のようなことはもうありません。でも、去年よりは多少良さそうな気のする・・・いい加減な予報となりました。 
[PR]
by crazylovers | 2014-09-07 22:11 | coasts | Comments(2)

ついつい手が出る!

 今日は年に一度の人間ドックでした。
 まぁ、歳もトシなので、オプション検査をイロイロ追加していたら、やけに時間がかかってしまいました。
 昼前には終わるだろうと思っていたが、甘かった!ふぅ~!
 まぁ、開始時間も遅かったので仕方無いのですが、人間ドックの開始時間は早いほうがいいね。
 だって、喉は渇くし、お腹も減るから!

 そんなわけで、ドック後ゆっくりと昼飯を喰い、雲行きも怪しかったのですが東急ハンズを覗いてきました。
 ちょうどハンズは、ハンズメッセ最終日・・・多くが売れて、大したモノは残っていませんでした。ただ、メッセも当初はかなり面白い単品が転がっていましたが、最近では恒例のセールとなりはて、バーゲン用商品がしっかり投入されるので、あんまり興味もわきません。(笑)
e0045113_23211765.jpg

 そんな中、つい求めてしまったのは、スライスしたアンモナイト!(笑)マダガスカルのアンモナイトと書いてありピカピカに磨かれて何と300円未満!(笑)
 写真は大きく写っていますが、実物は直径4センチほど。
 ここまで加工して、日本に運んでこの値段とは・・・いくら多産するとはいえ、とほほ。

 一昔前なら、こうした内部がアラゴナイトなんかで置換されたアンモナイト、2000円ほどしたのですが安いもんですね。
[PR]
by crazylovers | 2014-09-03 22:57 | Comments(6)

図鑑大好き!

 この夏、千葉の博物館では、タイトルと同じ特別展が開かれていましたが、やはり世の中には図鑑好きが多いようですね。(笑)もちろんオレもそうで、どこか旅に出かけると、本屋に行き、その国の図鑑やら、その地方の図鑑を探してしまいます。

 この夏、そんな旅先で図鑑に出会うことはありませんでしたが、9冊も図鑑を買っちゃいました。
e0045113_17324941.jpg

 上に乗った保育社の原色図鑑シリーズは、どれも昭和30年代発行のもので、ほとんどオレと同い年!分類などいまの学説から見れば古いものでしょうが、保育社の図鑑シリーズは懐かしくてたまりません。
 下の3冊は平凡社の日本の野生植物、こっちは昭和50年代のもので、まだ新しいのですが、それでも30年以上前の図鑑。このセットは当時4万円ほどしたものです。こちらも、分類的には古びたものですが、しっかりしたテキストと検索表があり、使いやすいものです。

 こうした植物図鑑を求めたのは理由があります。このごろ何だか、前のように毎週出歩くのが億劫になってきたのもあり、身近な植物に目を向けてみようかと・・・ジジ臭いイメージですが、図書館に通うのも面倒だから買ってしまえ!と。(笑)

 知ってる古本屋に尋ねたところ、このごろ図鑑はネットの普及で売れないのだとか。みんなネットの植物図鑑を見てしまい図鑑が売れないのだそうです。特に保育社の原色シリーズが! 保育社の原色日本植物図鑑、上中下セットだけ買おうと思ったら、「安くするのでこっちも持ってってくんない?」と貝や海藻の図鑑を勧めてきます。「貝は二冊ともうちにあるよ!」・・・とオレ。 そしたら、「全部で600円!」と言われ、バイクの荷台に乗ることになりました。値段にほだされ、保育社の原色シリーズを6冊救出したわけですが、世の中は図鑑大好きな人ばかりじゃないのね。(笑)
[PR]
by crazylovers | 2014-09-01 18:00 | books | Comments(8)