excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

こなら亭暮らし

e0045113_15444654.jpg
 今日は新刊「こなら亭暮らし」の紹介をしたいと思います。

 著者の木佐貫ひとみさんは宮崎在住のラジオ・パーソナリティで、自然関係に造詣の深い女性です。
 マキちゃんのビーチコーミング講座に取材に来てくれたのをきっかけにお友達になりました。

 また彼女は自宅の庭を、宮崎の里山にある「コナラ」を取り入れた雑木林の庭を具現化しました。そしてそのステキなお庭をひとり占めするのではなく、これまでもオープンガーデンを何度も催し、来られた方に体感してもらっています。
e0045113_1553691.jpg


 こなら亭では息子さんやご主人が、種が落ち芽吹いた双葉をポットに移し、オープンガーデンの参加者に分けていたそうで、こんなのを読むとうれしくなりますね。
e0045113_1558090.jpg


 そして料理の好きなひとみさんの恩師から伝えられたアメリカンスタイルの「チェダーチーズ入りのアップルパイ」を、「ハグのないキスなんて・・・」と紹介されるあたり、ステキですね。内容を知りたい方は、ぜひ本を手に取ってくださいね。「こなら亭暮らし」はアマゾンからも入手できます。

 さて、「こなら亭暮らし」の表紙で気付かれた方もみえたかも知れませんが、表紙と挿絵を今回描かせてもらいました。こなら亭にお邪魔したことも無いのに、描くのは心もとなかったので、膨大な写真を送っていただき、下絵を作りました。
e0045113_1694981.jpg


 そして何度もメールで細部まで確認してもらいながら描きました。(笑)
e0045113_16114882.jpg


 表紙だけではなく、各章の扉や挿絵もあるので、よろしければ手にとってみてくださいね。





[PR]
by crazylovers | 2016-05-23 16:15 | books | Comments(4)

屋根より高いこいのぼり!

e0045113_20555534.jpg
 五月晴れの空を泳ぐこいのぼり!うちの息子たちが小さな頃、こいのぼりを上げる場所もなかったので、小さなものや木製のしかありませんでした。今年の端午の節句は終わってしまったが、連休中に作っていたこいのぼりが完成し、やっと五月晴れの空の下で泳いでもらえました。

e0045113_20585219.jpg
 今回は和紙を使って作りました。まず下絵を描き、紙をくしゃくしゃにして癖をとります。このくしゃくしゃが良い風合いを生み出します。

e0045113_2111155.jpg
 彩色は泥絵の具にしようかと思いましたが、後々を考えてアクリルガッシュにしました。鱗の部分は丸い部分を先に水で濡らし、その縁まで赤い絵の具を塗れば、滲んでぼかしができます。

e0045113_213878.jpg
 口の部分は折り曲げて中に芯を入れてからの接着です。芯を入れるとキレイに口が開きます。

e0045113_2154268.jpg
 お腹を接着すれば、お母さんの鯉が完成です。なぜか、真っ赤なお母さんから作り出しました。

e0045113_2164653.jpg
 お次は黒いお父さん!お母さんよりもちょっと大きめにしました。

e0045113_2172942.jpg
 そして子供の鯉はまだまだ、青いな~と言う意味で、青にしました。(笑)

e0045113_2184674.jpg
 3匹のこいのぼりが出来上がりました。これでよしよし・・・と思っていたら、忘れ物がありましたよ。

e0045113_21101771.jpg
 そう、大事な吹流しを忘れていました。そして、せっかくなので家紋の二十亀甲剣花菱も入れておきました。

e0045113_21113982.jpg
 五月晴れの空で泳いでもらった後は、我が家の玄関に飾ってありますので、良かったら見に来てくださいね。

 端午の節句は終わりましたが、もうしばらく飾っておきます。






[PR]
by crazylovers | 2016-05-13 21:14 | crafts | Comments(4)

GWの修理仕事完了です!(笑)

 ここ2年ほど、ず~っと「やらにゃいかん!」と思いながら、ゆっくり取り組む時間も無く放っていたことがあります。それはギターの修理なのですが、暑い時期は汗かきまくるし、冬は手がかじかむし・・・やっとやれました。

 気づいて2年ほど放置してあったバインディングの外れたギター、バインディングが経年劣化で縮み、ボディから浮き、凹部は外れてしまいました。
e0045113_16435251.jpg


 ここでは一枚しか入れていませんが、カッターのはなど3枚ほどは楽々に入るほど浮いていました。
 まず行ったのは、接着部分付近のマスキングです。これをいかにキレイにやるかであとの仕事が変わりますので、接着部分から1mmほど表面を露出させてマスキングテープを貼っていきます。下の写真、ピックガードの無いほうは、まだカーブに沿ったカッティングをしていません。
e0045113_16474630.jpg


 さて、接着にはあろんアルファやボンドは使いません。使うのはアセトンにバインディングと同じ材質のセルロイドを溶かした溶液です。これをバインディングの剥がれた面に塗り、バインデイングのセルロイドが溶けて柔らかくなったらボディに密着させるのです。このあたりは時間との勝負なので写真はありませんよ。(笑)
 ボディのカーブに合わせたジグを作り、それにはたがねをかけて固定します。
e0045113_16535277.jpg


 もちろんジグは左右必要なので、トップはこんな感じで固定されます。
e0045113_1655037.jpg


 トップが終われば、お次はバック!こちらも同様に行います。
e0045113_16581452.jpg


 接着を開始しておよそ2日、やっとはたがねとジグを外します。その後マスキングテープの一部を外し、表面にはみ出したセルロイドなどを除去し、塗装の剥がれた部分はタッチアップしました。もちろんそれが乾燥後は耐水ペーパーでならして、コンパウンドで磨き仕上げます。
e0045113_1725747.jpg


 GW中に4箇所の修理を行い、何とかこんな状態に戻りました。
e0045113_1744997.jpg

 
 プロの仕事ではないので、大した事はできませんが、自分で使うギターならこれで十分でしょう。ボデイの縁にあしらわれたアヴァロンの象嵌が落ちては困るのでしばらく弾いてなかったギターですが、弦を張り、久々に弾くことができました。







[PR]
by crazylovers | 2016-05-10 17:08 | music | Comments(0)

カナメモチ満開@名古屋

 このGWあたり、名古屋ではカナメモチが満開です。
e0045113_2275071.jpg


 ちょっと暖色系なんですが、白い細かな花が満開になると、カナメモチに雪が積もったかのような雰囲気になります。
e0045113_2291324.jpg


 咲きはじめは、こんな感じですね。別のもう一枚!
e0045113_2210730.jpg


 そしてクローズアップ追加!
e0045113_22105377.jpg


 最後の一枚は、その前の写真から切り出したフルサイズの一部分です。
 実は、マクロレンズ買いました。やはりマクロではAFが迷うので、そんな時にはマニュアルでピント合わせます。(笑)






[PR]
by crazylovers | 2016-05-07 22:14 | 植物系 | Comments(0)

端午の節句

 今日、端午の節句だが子供らはもう大きくなったが、まだ孫もいない・・・(笑)
 でも、ちまきと柏餅を作ったよ!(笑)

 まずは素材の用意!
e0045113_1514138.jpg


 笹の葉はよく洗い、イグサが無かったのでハランを細く割き、他にイネ科の植物も用意してみたが、結局使えたのはハラン。
e0045113_153814.jpg


 砂糖を加えた団子を笹で包む。
e0045113_1535023.jpg


 包み終わったのがコレ!
e0045113_1541467.jpg


 10分ほど蒸し上げた。
e0045113_155455.jpg


 蒸し器から出しておくと笹の表面に皺が寄るが、できましたよ。
e0045113_1574437.jpg


 さて、コレで終わりじゃなくて、まだまだ続くよ。
 こんどは柏餅だ。
 団子を伸ばして、餡を包むだけだけれど名古屋あたりには柏が無い!そんなわけで代用はナラガシワ。ただ大きな葉っぱは葉脈が硬いので、洗った後にまな板の上に置き、麺棒で伸ばしてやると、太い葉脈がつぶれ手、包みやすくなります。
e0045113_1511970.jpg


 餡をはさんだ後、2~3分蒸してやると、葉っぱの香りが餅に移り、美味しくなります。
e0045113_15123060.jpg


 粗熱がとれたら、早速試食!
e0045113_1522240.jpg


 団子三昧の端午の節句でした。







[PR]
by crazylovers | 2016-05-05 15:13 | foods | Comments(4)