excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
hiyoco さん、 ..
by beachcomberjp at 18:59
Ayaさん、  ありが..
by beachcomberjp at 18:57
ハッデーー(笑)!34度..
by hiyoco at 09:14
いいですね〜カラフル!柄..
by Aya at 22:30
sleepyspice..
by beachcomberjp at 00:04
初めまして、突然のコメン..
by sleepyspice at 23:45
satoさん、  こ..
by beachcomberjp at 20:46
chocottieさん..
by beachcomberjp at 20:41
春さん、  はい、この..
by beachcomberjp at 20:39
テムズ川の陶片、TVでは..
by sato at 23:42
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

やっと梅雨本番!

 6月はじめに梅雨入りしたものの、その後は10日ほどの晴天が続いてました。でもやっと前線が本州南部に広がり始め、十数%の異常乾燥やダム貯水量低下から逃れられそう。(笑)
e0045113_15565307.jpg
 今日も朝から断続的な雨降り。最近はX-rainレーダーなどのおかげで、雨雲の移動などがよく分かり、ちょっとしたお出かけなどでは役立っています。

 今朝は地震が目覚まし代わりになりました。震源地は長野県の木曽地方。前にあった長野県西部地震を思い起こさせます。





[PR]
by crazylovers | 2017-06-25 16:00 | ご近所 | Comments(0)

やっと衣替え!(笑)

 6月もとうに半ばを過ぎ、明日は20日、名古屋では梅雨入りを7日に済ませましたが、晴れの日は10日以上も続いてます。そして今日は日本の最高気温34度を名古屋で記録しました。
 さすがにもう半袖!そして短パンですよね。(笑)
 そんなわけで、今日の午後、衣替えの決行!!長袖を畳んでしまい、半袖を出しました。(笑)暑い暑い! でも、それで終わるわけはなく・・・
e0045113_19095065.jpg
 そう、半袖のアイロンがけです。やったのは襟の部分と前たて、それに気になるシワ部分だけ。それでも15枚ほどやれば、汗びっしょり!
 オレがアイロンと格闘していた4時半ごろ・・・名古屋の気象台では34度を記録したそうです。アイロンがけをしていた室内は、きっとそれ以上だよね。(笑)

 もう今から夏バテのオレ、これからどうなる??






[PR]
by crazylovers | 2017-06-19 19:13 | ちょこっと古いモノ | Comments(4)

金ヶ崎探検(笑)

 梅雨に入ったが、土曜日はお天気が良くなるとのことで、一路北陸を目指しました。行き先は、敦賀の金ヶ崎!
e0045113_19083392.jpg
 まずは下の神社で軽くお参りしてからの山登り!もちろん石段がありますが、かなり急な石段でした。

e0045113_19100496.jpg
 そんな石段で見つけたのは小さな哺乳類・・・ヒミズでしょうか?

e0045113_19110999.jpg
 かなり上ったあたりに金ヶ碕古戦場の石碑がありました。このあたりには古墳もあったようです。

e0045113_19162893.jpg
 標高の最も高い位置は月見御殿とよばれていますが、標高は86m、ただし海岸からグッと垂直に近く立ち上がっているので、それ以上に高く感じます。この見下ろしたパノラマは敦賀湾口方面を望んだところで、中央ずっと奥に新しいフェリー乗り場があります。右手にあるのは敦賀セメントの工場で、石灰岩はここにあります。

e0045113_19195774.jpg
 月見御殿の基盤岩は石灰岩で、あたりにあった岩には、特徴的な雨水による侵食も見られました。

e0045113_19245451.jpg
 さて石段を下りながら見れば、すごい枝ぶりの照葉樹林が広がっていました。

e0045113_19315703.jpg
 最も驚いたのはスダジイの板根がみられたこと。板根といえば、マングローブ林のサキシマスオウなどが知られていますが、スダジイでも老木になると見られるようです。

 敦賀市の金ヶ崎、大した時間はかからず、暖地性要素と日本海地域要素との交じり合った北陸のスダジイ林が楽しめますよ。敦賀に来られたらぜひどうぞ!









 
 

[PR]
by crazylovers | 2017-06-11 19:32 | on the road | Comments(2)

欠片から読み解くロンドン

e0045113_15114580.jpg
 今日紹介するのは、昨年イギリスで出版された一冊の本、London in Fragments/ A Mudlark's Treajuresです。著者はTed Sandlingさん。

e0045113_15124422.jpg
 この本はロンドンを流れるテムーズ川で陶片などの遺物を探るもので、見開きがこれ。内容もカラー写真が多く、文章も平易で楽しめる本です。

e0045113_15131518.jpg
 この本を読み出し、まず頭に浮かんだのは、昨年なくなられた陶片狂さんでした。だって陶片がイッパイでNYK/日本郵船のものまで載っていましたから。

e0045113_15135836.jpg
 でも、読み出した途中には、ケマさんも出てきました。だって歯ブラシの柄もありましたから。(笑)

e0045113_15143670.jpg
 そして最後にたどり着いたのは嶋村博先生、岡崎市を中心に矢作川の漂着物に着目し、漂着物採集を続けてこられました。また漂着物学会の設立にも関わられました。INAX出版の漂着物考では「暮らしを映す川の漂着物」を担当されました。嶋村先生もうこの本気づかれていますかね?

e0045113_15161878.jpg
 サブタイトルにあるMudlarkとは、「干潮時に川の泥の中をあさるバタ屋」と研究社のリーダースにありました。これってBeachcomberの「波止場ルンペン」と同じ臭いがしますよね。ビーチコーマーの皆さんなら納得の一冊になるでしょう。

e0045113_15172981.jpg
 本の終わりがけにある文章にはこんな言葉が!「restrictions/遠慮」を入れるあたり、著者がイギリス人たる所以かもしれません。
 
 今この本はアマゾンでも手に入ります。しかも悔しいことに、オレが求めたのよりずっと安くね。(笑)





 

[PR]
by crazylovers | 2017-06-04 15:24 | books | Comments(8)