人気ブログランキング |
excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
kasekibunot..
by beachcomberjp at 09:47
RZVさん、  なる..
by beachcomberjp at 09:40
白山の化石壁の 調査お..
by kasekibunotiti at 08:28
体験場の写真の左上に、緑..
by RZV at 22:25
アブキャップって、何でし..
by beachcomberjp at 21:53
アブキャップは活躍してい..
by RZV at 21:08
おじさん、  やっぱニ..
by beachcomberjp at 19:49
いいですね~。 私は水..
by おじ at 08:05
hiyocoさん、 ..
by beachcomberjp at 17:33
この犬の陶器の置物は小さ..
by hiyoco at 12:37
以前の記事
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 02月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


伊良湖岬バーディング事情2014

 今日も暑かったですね。オレの体感では名古屋32℃でしたが、気象台の観測値は30度だったそうです。

 昨日は御嶽山の噴火がありましたが、帰宅するまで知りませんでした。昨日は伊良湖岬に行っていました。もちろんビーチコーミングで、バードウォッチングじゃないですよ。昔はまじめに双眼鏡で鳥を見ていたこともありましたが、バードウォッチングじゃなくて、バーディングなんです。もちろん、バンディングじゃ無いっす!(笑)

 さて、秋の伊良湖岬は全国から鳥の好きな人が集まりますよね。一時、バカみたいに人が押し寄せ恋路ヶ浜のPが溢れるほどの時もありましたが今はそんなコト無いですね。
 秋のこの時期、渡り鳥のサシバの南に帰るルートになるのが知られ、人が集まるようになったのです。
e0045113_2134291.jpg


 天気の良い日には、渥美半島に沿って南下してきたサシバが、有視界飛行で神島上空を飛び越して伊勢湾を渡り、鳥羽方面へ消えていくのを見ることができます。
 サシバは、今では知られていますが、蛇やカエルなんかを捕まえる鷲や鷹の仲間ですね。コンデジでは飛んでいるところ、こんなもんしか写りません。(笑)
e0045113_2139279.jpg


 さて、恋路ヶ浜のPは風物詩にもなった望遠鏡や超望遠レンズの砲列ができますが、幾分少なくなったでしょうかね?レンズの先がてんでバラバラな方向向いているのは、鳥が来ていない証拠!(笑)
e0045113_21414624.jpg


 そしてもう一つ思うのはバードウォッチャーの高齢化!自分のコトもあるし、漂着物学会もそうなんですが、目立つのは年寄りばかり・・・それも野郎ばかり。定年後のおヒマなみなさん・・・ばかりでしょうかね?
e0045113_21453391.jpg


 昔はもっと若い連中(オレも若かったし!)がイッパイウロウロしていたような記憶がありますが、今はこんなもんでしょうかね?
 いかめしいレンズで空を仰ぐ・・・早い者勝ちの和名の羅列(笑)・・・こうしたスタイルのバードウォッチングが若い世代に受け継がれるのでしょうか?

 ちなみにオレは、双眼鏡や望遠鏡を使わなくなりました。もちろんニコンやプロミナ持ってはいますが、宝の持ち腐れ状態・・・(笑)だって肉眼でも良く見えるし、鳥が逃げませんから。(笑)
e0045113_21523651.jpg


 恋路ヶ浜を歩けば、のんびり羽を乾かすカワウの群れ!(ウミウはこうして群れて砂浜に降りることはまず無いでしょう) カワウは大きな鳥なので目立ちますが、オレがカワウに気づいたのはカワウの臭い!煤けたような油臭い独特なにおいは、風下にいればピンと来ます。
e0045113_21563117.jpg


 そして、わざと近寄れば、めんどくさそうにヨタヨタと砂浜を蹴り、脇を飛び去りますが、着陸は20mほど向こう!(笑)

 今は鳥が入れ替わる時期です。南へ渡る鳥たちが、無事に帰りまた来年戻ってきてくれるのが楽しみ、そして北からやってくる鳥たちが冬場は楽しませてくれるでしょう。

 きっと次の週末もお天気が良ければこうした砲列が空を向いてるでしょうね。
by crazylovers | 2014-09-28 22:00 | とり | Comments(8)
Commented by ぱんだ at 2014-09-29 14:55 x
恋路ヶ浜のP懐かしいです。
田舎から都会の大学に進み、たまたま入ったサークルの先輩方に連れられ見に行きました。
それから20数年が過ぎました。
当時はバブルの最中、経済活動に伴う環境破壊が大きな社会問題になっていました。
そんな中、ここには大挙して多くのバードウォッチャーが訪れており、田舎モノの私は、朝起きて、周りの騒々しさにビックリした覚えがあります。
鳥も沢山みることができ、サシバも良かったですが、海面すれすれを小さな群れで渡っていくヒヨドリが強く印象に残りました。
最近は、わざわざ遠出して鳥を見に行くことはありませんが、この時期に頭上を通り過ぎるヒヨドリの群れを見ると、また今年も渡りの季節が来たな!と思います。
そんな私ですが、一応、今も、時折、地元の野鳥の会に顔を出しますが、参加している中では一番若い方です。
Commented by あかずきん at 2014-09-29 19:57 x
北九州にもビオトープなどが出来双眼鏡で多くの
冬鳥を観察できるようになりましたが・・・確かに!!
カメラの持ち主はご高齢が多い~笑
良いカメラお持ちですもの構えたくもなるのでしょう^^

80歳代の方にお嬢ちゃん、と言われた時は閉口しましたが、爆
Commented by beachcomberjp at 2014-09-29 20:00
ぱんださん、
 一時は野鳥の会に入っていたこともありますが、あまりにもモノモノしい会なので、足が遠のきました。まだあのころは若い方々が多かったのですが、今は見かけません。望遠鏡やら、高価なレンズ・・・そんなものばかりに頼っていると、若い人はあまり興味を持ちませんよね。
Commented by beachcomberjp at 2014-09-29 20:03
あかずきんさん、
 懐に余裕のある方はともかく、そうでなければ、あまり仲間入りできないでしょうね。もちろん、道楽にはお金がかかるのがつきものですが、子供たちに布教することのできる方法がまだあるように思うのですが・・・!
Commented by mmerian at 2014-09-29 22:19 x
明日、ひとみちゃんとサシバ見に行きます。
昔は空が真黒になるほど凄い数だったらしいねー。
Commented by beachcomberjp at 2014-09-29 23:07
mmerianさん、
 いいですね~! 空が真っ黒になる状態は知りませんが、かって伊良湖岬でも、200ほどのサシバが鷹柱を作ったときは壮観でした。
 イッパイ見られるのを祈ってます。
Commented by kin at 2014-09-30 17:08 x
先日、越前海岸でこんな望遠鏡を持ったオジサン四人組見かけました越前海岸、今の時期は珍しいのが見られるのでしょうか?
Commented by beachcomberjp at 2014-09-30 19:56
kinさん、
 越前海岸ですか、あのあたり今は分かりませんが、以前ハヤブサの繁殖地がありました。
 もしかすると渡り鳥を襲うハヤブサ狙いかもしれません。
<< みなさんありがとう! 図説 古代服飾文化史 >>