人気ブログランキング |
excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
kasekibunot..
by beachcomberjp at 09:47
RZVさん、  なる..
by beachcomberjp at 09:40
白山の化石壁の 調査お..
by kasekibunotiti at 08:28
体験場の写真の左上に、緑..
by RZV at 22:25
アブキャップって、何でし..
by beachcomberjp at 21:53
アブキャップは活躍してい..
by RZV at 21:08
おじさん、  やっぱニ..
by beachcomberjp at 19:49
いいですね~。 私は水..
by おじ at 08:05
hiyocoさん、 ..
by beachcomberjp at 17:33
この犬の陶器の置物は小さ..
by hiyoco at 12:37
以前の記事
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 02月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


図鑑大好き2・小学館 VS 講談社

さて、図鑑大好き2では、小学館 VS 講談社の直接対決!(笑)
右が小学館の「魚貝の図鑑」、左が講談社の「魚と貝の図鑑」です。
e0045113_19172606.jpg
e0045113_19215558.jpg
これらは、どちらもオレが小学校の低学年に入手したもの。(笑)小学館が表紙には写真を用いているのに対して、講談社はイラストです。あと表紙の作りは、小学館ではセロハンを貼った光沢のある表紙に対して、講談社はマットな感じ、そして背の部分が赤い布で補強され、背割れなどを防いでいました。
e0045113_19264164.jpg
 さて、中身では上にある講談社の場合、生息環境によって貝が並べてあり、分類に近い小学館の並べ方よりも使いやすかったです。身近な貝では上の「内湾にすむ貝」、それに「外海のすなはまにすむ貝」、「いそにすむ貝」のように分けられていました。
e0045113_19331625.jpg
 それに加え、「めずらしい生活をしている貝」では、ルリガイ、アサガオガイと言った浮遊性の貝も紹介されていました。
e0045113_19353309.jpg
 一方、小学館の図鑑では、講談社では掲載されていなかったカイダコやフネダコが紹介されていました。
e0045113_19374384.jpg
 また小学館の図鑑では、プランクトンのページに、子供とおぼしき人が暗闇迫る海へ一人乗り出しプランクトンネットを曳くという、突っ込みどころ満載のイラストがあったりしました。

 さて、ここで小学館 VS 講談社と書きましたが、引き分けなんですね。この2冊を見比べながら楽しんで、自然と親しむ生活をしていた小学生でしたから。(笑)






by crazylovers | 2017-05-24 19:46 | Comments(10)
Commented by ぱんだ at 2017-05-24 21:39 x
ご無沙汰してます。
私も、子どもの頃に買ってもらった図鑑を今でも持っています。
動物の方は旺文社・鳥のほうは小学館だったと思います。
鳥の図鑑の方は、ほとんどが絵で描かれており背景まであります。
最近ではネットなどで気軽に調べることができるようになったこともあると思いますが、
図鑑好きの子どももあまり居ないのでは?
Commented by beachcomberjp at 2017-05-24 22:07
ぱんださん、
 めちゃお久しぶりですやん!お元気?
 昔の図鑑はイラストがキホンでしたが、このごろは写真が多いですね。オレは断然イラスト派です。小学館の鳥・・・日本の鳥の多くは小林重三さんの絵だったと記憶しています。

 ネットも普及し、刺激の多すぎる子供時代、逆にかわいそうに思いますが、学級文庫で小学館Neo図鑑一式ありますが、けっこうみんな見てますよ。

Commented by at 2017-05-25 10:35 x
私は小さい頃は本は買ってもらえず、その反動で子どもが小さい頃は欲しがる本はできるだけなんでも買い与えました。でも、私的には図鑑より絵本や物語の方が好きでしたが、こう見ると、図鑑にも夢が詰まっていますね。
今チェックしたら、いっぱいあったはずなのに残っているのは小学館の「鳥類の図鑑」と「虫の図鑑」だけでした。どちらも写真は数葉、ほとんどイラストです。
「大地の図鑑」いいですねぇ。津波のことなんかもちゃんと受け継がれてきたのに、経済大国とかになってから、浮かれて、忘れてしまったのですね。
Commented by hiyoco at 2017-05-25 13:10 x
Shigeさんは2年D組だったのですか?小学校でアルファベットなんてハイカラ!
小舟に乗る少年の絵は笑っちゃいますねー。こんな絵でと出版社側からリクエストがあったのかな?今ならクレームの嵐でしょう(笑)。
うちは学研の図鑑でした。魚はもっていたけど、Shigeさんのは魚と貝の両方なんですね。生息環境別って実用的でいいですね!
1冊だけ持っている1970年の学研の昆虫図鑑はもちろんイラストメイン。写真はあってもピンボケも多い(笑)。体の構造を示すカットはペーパークラフトが使われていて素朴でいいです。最終ページにコピー禁止とか環境にいいインク使ってますとかうるさい文章もないし!
Commented by beachcomberjp at 2017-05-25 16:19
春さん、
 はい、うちの親は玩具はだめでしたが、本には寛容だったので、いろいろ買ってもらいました。この頃の図鑑はかなりあります。(笑)
 オレには、こうした図解によるイメージは強烈で、デジャヴの源になってるのかもしれませんわ。(笑)
Commented by beachcomberjp at 2017-05-25 16:22
hiyocoさん、
 はい、2年D組でした。そんな時代だったのでしょう。
 学研が図鑑に手を染めたのは、この次の世代からですね。たしか一時学研は、魚の図鑑と貝の図鑑とを分けて発行していたようです。今では魚と、水の生物になってますね。
 昔のイラストメインの図鑑、今見ても面白いコラムなどイッパイです。
Commented by kin at 2017-05-25 20:30 x
どちらも表紙が素敵です。図鑑はやっぱり絵のやつが一番いいですね。昔のが欲しくなりました。
Commented by beachcomberjp at 2017-05-25 21:22
kinさん、
 はい、写真図鑑にも良いのがありますが、絵がオレも好きです。同じイラストレーターが全種を描く図鑑が一番ですよ。

Commented by Aya at 2017-05-26 06:12 x
今では貴重な絵の図鑑、素敵なものを見せていただきました〜
大人になっても自然や生きものが好きな人って、高確率で子供の頃から図鑑を愛読していますよね(笑)私も海のどうぶつ図鑑とか昆虫図鑑とか…好きでした。
この2冊、表紙はツノダシとかエンゼルフィッシュ、暖かい海の魚が載ってますが内容は日本近海のものですか?手描きの表紙はやっぱり華やかですね。
Commented by beachcomberjp at 2017-05-26 18:14
Ayaさん、
 どっちも今から50年ほど前に、オレが夢中になってみていた図鑑です。(笑)
 ひょうしはどっちもトロピカルですが、中身は日本近海の普通種がメインです。ただ普通種が当時と今とでは変化してる可能性があります。こうした図がメインの図鑑、やっぱり好きなんです。

<< 青柳飯・馬鹿飯 図鑑の楽しみ 1 >>