人気ブログランキング |
excitemusic

どこに出かけるのにも、カメラが手放せないわたし・・・
by crazylovers
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
LINK
うちの本家、海のブログはこちら
Beachcomber's Logbook


お友だちのウエブページ
海辺の標本箱
OLYMPUS PEN-FTの世界
最新のコメント
kasekibunot..
by beachcomberjp at 09:47
RZVさん、  なる..
by beachcomberjp at 09:40
白山の化石壁の 調査お..
by kasekibunotiti at 08:28
体験場の写真の左上に、緑..
by RZV at 22:25
アブキャップって、何でし..
by beachcomberjp at 21:53
アブキャップは活躍してい..
by RZV at 21:08
おじさん、  やっぱニ..
by beachcomberjp at 19:49
いいですね~。 私は水..
by おじ at 08:05
hiyocoさん、 ..
by beachcomberjp at 17:33
この犬の陶器の置物は小さ..
by hiyoco at 12:37
以前の記事
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 02月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
検索
記事ランキング
画像一覧


2007年 06月 03日 ( 2 )

温故知新

 下の写真、何を撮ったのか分かりますか?
 すぐに分かったあなたはスゴイ!!きっとわたしの師匠でしょう。
e0045113_2332863.jpg

 クローズアップなので分かりにくいですよね。
 では、これならどうでしょうか?
e0045113_2343695.jpg

 この写真は、ほぼ実物大なのです。
 これで分かった人が少しは出たはず。
 そうです。焼き物のおろし道具なのです。
 でもコレ、戦時中に作られた金属の代用品ではありません。

 先日、バイクで林道を走っていたとき、崖の下に陶片が転がっていているのを拾ってきました。
 これは「おろし皿」と言って、15世紀ごろ・・・室町時代に焼かれた器なのです。
 底に高台はなく、シンプルな糸切り。そして全体にうっすらと掛けられた灰釉は、おろし目を殺していません。

 さて、ここからは実験考古学!!
 この陶片をしっかり洗った後に、煮沸消毒してみました。
 そして・・・
e0045113_23143188.jpg

 皮を剥いた長芋をおろしてみました。
 結果は、驚くほどサクサクおろせるのです。
 その秘密は、直角につけられた櫛目が重なって、長芋の繊維をおろせるようになっているのです。
 これなら、自然薯でも労せずにおろすことができたのでしょう。
 これまで使っていた、わが家の「おろし金」よりも、軍配はこっちに上がりました。

 こうした素朴な「おろし皿」、誰か造っていないのでしょうか?いないのであれば、自分で作るしかありませんね。
by crazylovers | 2007-06-03 23:20 | foods | Comments(4)

海に行き、山に登る

 昨日、(6月2日)友人と若狭の海に行き、海浜自然センターに立ち寄った。
 その後で、以前から気になっていた音羽山へ登ってきた。
e0045113_14455223.jpg

 登山口は海からすぐの場所、標高は3mほどだろうか?
 若狭の海はリアス式海岸で、海岸から急な絶壁が立っていることが多い。
 照葉樹林の木漏れ日の中を歩く。
e0045113_14475341.jpg

 ブナだろうか、新緑の葉っぱの透過光が眩しい。
 最初のころ、登山道はジグザグに登って、展望台までは、およそ10分の道のり。
e0045113_1450154.jpg

 あっけなく、こんな絶景に恵まれた。
 右中央に見えるのが、海浜自然センター、きれいな島は烏辺島、その奥には御神島と常神半島。
 これだけ見えたら、もう戻っても良いかも・・・と思ったが、やはり山頂を目指すことになった。こんなとき、相棒がいるのは心強い。
e0045113_14545428.jpg

 獣の足跡を見ながら、急な登山道を登る。
 風倒木が多く、跨いだり、くぐったり・・・もうちょっと整備されていたらうれしいな。
 この登山道のほとんどは尾根筋にあって、急峻。快晴の今日は問題ないが、粘土質の表面は雨の後なら登りにくいだろう。
 展望台から登ることおよそ35分、こんな景色が広がった。
e0045113_14591986.jpg

 登ってきた路の反対側には、三方湖、水月湖、菅湖、そして敦賀半島、その奥には越前海岸が遠望できた。
 まことに絶景かな!こんな光景を望めるとも知らずに登っただけに、サプライズの喜びがあった。
 残念なのは頂上直下に林道が走っていた。シングルのエンジン音が聞こえてきたかと思えば、ピンポン!!走って来たのはヤマハのSR。頂上から少し下った場所にも林道沿いの展望台があった。
 バイクで登れる山のようだが、自分の脚で登ってきた達成感は捨てがたい。

 さて、急峻な尾根筋の登山道は下りが大変。倒木の小枝を折って、杖を作り、それを使って下山した。
e0045113_1594682.jpg

 下山途中にも楽しみはありました。
 魚のシルエットをした木の葉をみつけ、樹海を泳がせてみた。

 山頂から登山口までの下りにかかった時間は45分。急げば短縮できるが、安全に気を付け、山道を楽しめばこんなものだろう。
 食見の海と山、どっちも楽しめます。
by crazylovers | 2007-06-03 15:14 | on the road | Comments(2)